しけった状態とはいえ、食べ物を粗末にしてしまったことには素直に反省したい。

しけった状態とはいえ、食べ物を粗末にしてしまったことには素直に反省したい。

俺の通っていた高校にはベビースターとあだ名が付くくらい、毎日ベビースターラーメンのビッグサイズを買ってきては食べたり、イラついたことやられると、いきなり豆のように投げつけたりしたりする変な奴だ。

その日もこっちに何も非が無いはずなのに、急に投げつけられたもんだから、俺と同じことをよくされている友人と細やかな仕返しを考えた。

授業中によく眠るベビースター男は髪がチリ毛ということもあって、うちらが朝から眠らせていた、しけった状態のベビースターを先生にも奴にもバレないように頭にふりかけていた(コレに関しては、あまりにも髪の奥の方に入っていく様がめちゃくちゃ面白かったから、その後仕返しが終わってからも、起きてるときでも、まるで危機一髪やってる感じで、その後もたまにやったりしていたw)。

あとは食べかけのベビースターに辛いモノが苦手なベビースター男の袋の中にハバネロ君を忍ばせて、手で摘まむのでは無く、砕いてから口に流し込む形式のベビースター男は当然気付かず食べてから「あー!」と言わせたのも快感だった。

めっちゃ笑ったせいか、犯人と特定されてしまったがw

まあ一通り終わって、犯人と疑われたりはしたけど、その後ベビースターを粗末にすることもしなくなったからこれで良かった。

むしろ、その後もたまにうちらの方がベビースター危機一髪やっちゃってたから、結果的に俺らがいじめてるような構図になってしまったことは反省したい。

こんなゲームをしていたのは当然気付いてることも何度もあったから、バレてはいたのだが、何故かハバネロ君に関しては犯人と特定されることはなかった。

それにしても、ここまで書いておいてなんだけど、しけった状態とはいえ、食べ物を粗末にしてしまったことには素直に反省したい。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする