お茶が頻繁になくなるので、お茶の容器全部に 「これは犬のおしっこです」と書いた。

お茶が頻繁になくなるので、お茶の容器全部に 「これは犬のおしっこです」と書いた。

うちの車庫には田舎の便利品・野菜を保存するための冷蔵庫があるんだけど、その中で冷やしてたお茶が頻繁になくなってた。

車庫は昼間自由に出入りできるんで、楽に盗めたんだと思う。

鍵をつけるのが面倒だったので、お茶の容器全部に「これは犬のおしっこです」と書いた。

中身はお茶のままなんだけど、ある日の下校時間に「あの家犬の小便飲むー!」「お前も飲んだろきたねー!」と騒いでる小学生発見。

捕まえて「警察来たらすぐ分かるんだよ」と言ったら白状した。

最寄の駐在さんに連絡をして来てもらったんだけど、この駐在さんがまた無表情で、やたら機械的に喋る不思議キャラの人。(性格は至ってお茶目なんだけど分かりにくい)

その駐在さんが「名前は」「住所は」「何で盗んだ」「どうやって盗んだか、やれ」ともそもそ喋るので、小学生は皆涙目になってた。

ちょっと自分も怖かった。

「そうか君ら、犬のションベン飲んだのか。保健所行って検査をしよう」

「どれくらい飲んだ。いっぱい飲んだのか」「犬の小便飲むとどうなるか知ってるのか」

このへんで小学生号泣。

おかーさーんとやかましいので、親に引き取ってもらった。

その後親たちからお詫びの品をもらい、盗みの被害もなくなって平和。

件の小学生たちは変わらず家の前を登下校してるけど、やんちゃぶりは減った。

ただ飲尿一家の疑惑がいまいち解けてない。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする