それから俺は煙草をやめ、浮いた金で娘の小遣いを増やした。

それから俺は煙草をやめ、浮いた金で娘の小遣いを増やした。

かなり前の話なんだが、俺が娘と一緒にスーパーに行ったら、市内のドッジボールクラブが全国大会に行くらしく、スーパーの前で募金をしてたんだ。

まぁ募金をせずにスルーをすると4年生ぐらいのクソガキが「うわ、優しさってものがないんですか」って言ったんだわ。

俺は聞こえてなかったらしく、他の保護者と談笑中。

面倒なことになるのも嫌だから無視しようと思ったら、娘が鞄からサイフを取り出したんだ。

そしたらその財布ごとそのガキに差し出して

「ほら、好きなだけ取ってその箱の中に入れれば?」って言ったんだ。

そのガキはどうしていいのか分からずに半泣き状態に。

騒ぎに気付き、ガキの親もやってきて事情を話すと平謝り。

そのガキの頭をものすごい勢いで叩いて謝らせた。

娘も満足したのかガキ親に「いや、分かってくれたならよかったです。全国頑張ってください」と言って財布から500円玉を出して募金したんだわ

保護者もそれに吃驚して、近くで売ってあったタイ焼きを10個ぐらい買って渡してくれたんだ。

そのあと娘は

「いやー生活費用の財布じゃなくて、私の小遣い用の財布だからお金がなくて焦ったわ。あそこで10円玉出すのもカッコ悪いし500円玉出しちゃった」と。

娘の財布には残り27円しかなく、俺はそのあと娘に5000円やった。

母親が死んで俺と娘の2人暮らしだから、教育とかきちんと出来てるか心配だったが、娘がしっかりしすぎなくらい成長してて安心した。

それと同時に、嫁とそっくりで泣きそうになった。

娘は教師になりたいらしく、今は高校生になり猛勉強してる。

ちなみにそれから俺は煙草をやめ、浮いた金で娘の小遣いを増やした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする