トメが美術品への興味は皆無だった癖に、急に買い漁る様になった。

トメが美術品への興味は皆無だった癖に、急に買い漁る様になった。

コトメが玉の輿に乗った途端、見栄っ張りに拍車がかかったトメ。

美術品への興味は皆無だった癖に、急に買い漁る様になった。

私が絵が好きだと言っていた画家の版画を、何故かトメが買ってきていて、義実家に飾ってあった。

私は毒の頃から古いものとか焼き物が大好きだった。(抹茶も好きだったし、毒の頃は茶道教室に五年位通ってた。)

だが、結婚してからは、茶道も止めたし、旦那や義実家に合わせて窯元巡りはやめた。

トメは萩焼きを知らなかった、下が欠けてるのがそうだと教えた。

すると、自分が知ってた様にコトメに話してたみたいだ。

コトメが「お母さん萩焼きって此処を欠けさすんでしょ。」とコトメ旦那(旦那母が茶道の先生)の前で言ってた。

大好きな焼き物も満足に買えない貧乏人の私と、好きでもないのに見栄で買うトメ。

ムカついたから、安物の不味い抹茶(未開封)をトメにあげた。

抹茶が飲みたかった時に激安スーパーで見つけた398円の抹茶です(通常は1000円位)。

母も試しに買ってて、実家で飲んでみたら、不味くて自分のは開けず仕舞いでした。

さあ!この不味い抹茶を振る舞うがいい。

今度ダ○ソーで茶碗と茶せんを買ってあげるから(何故かあるんです)。

トメは焼き物の良し悪しなど解りません。

しかも嘘つきですから、何も言わずプレゼントすれば、さも自分が買った高級品みたいに点てて人に出すでしょう。

しかも素人だと絶対に上手く点てれません。

今までトメには親戚に嘘を吹き込んでいたり、私に嫌がせしたりしてきましたのでトメは許せないです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする