トメに「人間は業を背負って生きる故に全てに頭を垂れて生きるべし」と言う感じの事を延々たたきこんだ。

トメに「人間は業を背負って生きる故に全てに頭を垂れて生きるべし」と言う感じの事を延々たたきこんだ。

昨日トメがアポなしでやって来て「私が肉嫌いって!いつになったら!わかるの!」と、すき焼き用の肉をなぎ払った。

これにカッチンきた私は無言で落ちた肉を拾い、トメに馬乗りになって暴れないように固定した。

「トメさん。この牛さんは殺される為に生まれたんです。まだ生きたかったのに死んだんです。これは牛さんの死体なんですわかりますか?殺された上にバラバラにされて供養もしてもらえないんですよ?殺したのは私たちですよね?殺して食べてそうしないと私たちが生きられないんです。私たちはそういった罪と業の上に生きてるんです。そもそも生き物は…」

他にも品種改良について、野菜作りと自然災害について、色々夜中まで。トメ泣いてたよ。

とにかく「人間は業を背負って生きる故に全てに頭を垂れて生きるべし」と言う感じの事を延々たたきこんだ。

何がDQNって、農家の実情とかあんまり知らないのにさも関係者かの様に説教したこと。

野菜農家については「豊作の時は値段を調整するために農作物を処分することがある」みたいな事を学校で聞かされたくらい。

ちなみに旦那は説教中に帰ってきて嫁がトメに乗って肉が散らかった部屋を見て一瞬止まったものの、無事な野菜を冷蔵庫に入れて声が掠れてきた私にポカリ入れてくれた。

説教の後にはトメを〆てくれた。トメ泣きながら凄い速さで帰っていった。

今日は鍋食べに行くんだ!

床に落ちた肉は洗って食べました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする