そいつが偶然にも帰りに立ちションしていたから、俺はすぐに・・・

そいつが偶然にも帰りに立ちションしていたから、俺はすぐに・・・

俺は小学生の頃、仲は良いのに、いっつもケンカをする友人がいた。

その友人は必ず俺にちょっかいを出してくるのだが、俺はやられたら必ず同等レベルやそれ以上のことをやり返す性格だから、事が起こるたびに、段々とヒートアップしていった。

最初のうちは、いきなり小突かれる。

すると俺はちょっと間を空けてから、急にドツく。

こんな感じのが、最初は多かった。

そして、この前起こった事件。

ちょっかいには少々度が過ぎてるレベルのようなことだ。

俺が大便をトイレでしているときに、上からいじめでよくある水をぶっかけられた。

もうこれは陰湿なイジメである。

奴の笑い声には特徴があったため、すぐに奴がやったこともわかり、そいつが偶然にも帰りに立ちションしていたから、俺はすぐに「大便していた俺と同じようなシチュエーションだ」と感じたから、すぐに仕返しを思いついて、目の前に置いてあった、半分くらい残っているコーヒーの缶を、立ちションしている最中の奴にぶん投げた。

すると、投げている間にもコーヒーは飛び出していて、自分にも少し掛かってしまったが、奴に見事に的中。

奴は頭からコーヒーを被り、顔だけこちらを向けて「おい!」と大声で叫んだ。

翌日、朝着くなり殴り合いのケンカとなって、先生に止められるまでやり続けたため、互いに朝から保健室行きになるくらいの傷を負った。

奴が「昨日なんであんなことしやがったんだ!」とケンカになる前に聞くようなことを今更言い出した。

俺は「やられたら必ずやり返すからな俺は。昨日その前にお前はもの凄い陰湿なことしやがったろ?それの仕返しだ」

奴は俺にちょっかい出したら必ずやり返すということを気がついていなかったようだが、これで納得したようで。

そこからは仲直りして、ちょっかいもなくなり、普通の友達に戻りましたとさ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする