異常なまでに神経質な女。 空調の風が、顔に当たる!と言っては毎日大騒ぎをする。単に仕事をしたくないだけだろうが。

異常なまでに神経質な女。 空調の風が、顔に当たる!と言っては毎日大騒ぎをする。単に仕事をしたくないだけだろうが。

会社に、異常なまでに神経質な女がいる。

空調の風が、顔に当たる!と言っては毎日大騒ぎをする。

だが、同じ場所に座っても前髪ひとつなびかない。

それでも「今日も風が当たる。目が異様に乾く。頭が痛い」とわめく。

その日も女は出社して、席に座ると同時に大きなため息をつく。

単に働きたくないのだろうけど・・・とは思いつつも、女は続けて独り言みたいに

女「朝から気分が悪い。なんであたしだけ、こんな嫌な想いして仕事しなきゃなんないわけ?(右手で、光を遮るようなしぐさをしながら)」

女「少しの風でも、毎日当たると体調が悪くなるわけ。目が痛い」

私「今も風当たりますか?」

女「あなたにはわからないだろうけど、すっごい当たってる」

私「そんなはずないと思うんですけど…」

女「あなたみたいな人にはきっと感じないのよ。凄い当たってるわよ」

私「いや、空調止まってますから」

女「!」

私「止まってますから」

女「じゃ、じゃぁ あそこの空調の風よっ」

私「あそこも停めてあります」

女「…」

私「気のせいですよ」

女「…」

わなわなしながら怒ってた。しらーんぷりして仕事してたけどね。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする