小学四年生の頃に昼間は優しい実の兄が、夜中になると寝てると確認してはしつこく体を触ってくる。

小学四年生の頃に昼間は優しい実の兄が、夜中になると寝てると確認してはしつこく体を触ってくる。

小学四年生の頃に実の兄(当時6年生)から夜に、寝ていると確認しては毎日のように私の体を触ってきていた。

二段ベッドの下に寝ていたら、夜中に降りてきて、しつこく体を触ってきて、怖くて動けないので、目が覚めたふりをしてはやめさせていた。

母親に相談しても兄は学級委員長で優しくて評判が頗る良かったため、そんなことするはずないでしょ!と逆に怒られてしまった。

昼間は普通に優しく接してくる兄が、夜中になるとああなるのだから、気味悪く何も言い出せなかった。

それをいいことにしつこく体を触ってきたので復讐を決意。

兄の同級生で私も仲の良かった超おしゃべりな女の子に相談と言う名の告げ口をして、学校中に広めてもらった。

自分は泣きながら相談したためか、女の子は激怒してくれて、多少話を盛って広めてくれた(笑)

噂は見事に知れ渡り兄は不登校になった。

そして、数年経った今でも私を見ると怯えるので後悔はしていない。

今考えてみると、兄は恐らくあっち系の気があったのか、それとも変なAVでも見て妹もいないから、自分を女に見立てて事を済ませたかったのかは、こっちも逆に怖くなって、もう聞き出せないし、聞き出したくもないかな・・・

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ななしっしょっ より:

    !(◎_◎;)
    男同士かよっ!