離婚調停で私を悪者にしようとした嘘つき旦那。ところが調停員にも愛想つかされて私にとって最高の結末に

離婚調停で私を悪者にしようとした嘘つき旦那。調停員にも愛想つかされて私にとって最高の結末に
息子がお腹にいる時の話です。
妊娠が分かったとたんにDVが始まった元旦那。
お金も入れてくれず無理をした結果・・・切迫流産になり「こりゃ無理・・・」と思い離婚を決意。
所が離婚に応じない為、離婚調停をする事にしました。

1回目、2回目と調停員は私に冷たく「妊娠しながら働いて居る女性は多いからね・・・それでだけで離婚もね・・・」と言った感じ。
なので、3回目の調停では診断書と裁判に移行する旨つたえました。
診断書を読み調停員の顔色が変わりました。

どうやら元旦那が「あいつの妊娠は芝居です!俺から金を引っ張る為の嘘です!!」と泣きついていたようで調停員はそれを信じていたそうです。
調停員は中立で話を聞くと聞いていたので、この二人にもビックリです。
「お腹には座布団が入っていると言っていたし、母子手帳も友達のだって聞いていたから・・・」
「そこまでしませんし」

かなり頭にきた私は「弁護士に話は通しているので調停から裁判に移行しますと伝えて下さい」
そう告げました。
元旦那も裁判になったら自分が嘘をついている事がバレると思ったらしく態度を急変。
離婚にも応じ、養育費も払うと言っていましたが金額は3,000円。
そんな金額では生活の足しにもならないし、その金額で子供にも会わせるのも嫌だったので養育費は拒否しました。

その代わりに一括で貰えるだけの金額が欲しいと調停員に伝えました。
調停員も元旦那の嘘に踊らされていた事があり私に全面協力。
出来るだけの金額を絞り取ってくれました(笑)
しかも私と息子には近寄らないと約束も取り付けました。

その後、息子が無事に生まれて男の子なのが分かると「跡取りに欲しい」とメールが来ましたが無視。
自宅をウロウロしている姿を見つけ・・・「こっちには近寄らないって取り決めの書類があるから、これ以上チョロチョロするなら通報する」とメールしました。

そこから元旦那は見ていません。
後から聞いた話ですが、私の慰謝料も親戚や会社に頭を下げて借りたそうです・・・(笑)
良い笑いものになった様で・・・スッキリしました(笑)

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする