玩具を買うために並んでいたらまさかの割り込み!見た目は怖いけど優しいパパに助けられる!

玩具を買うために並んでいたらまさかの割り込み!見た目は怖いけど優しいパパに助けられる!
子の誕生日に仮面ライダーのベルトを買おうと朝の5時から並んでいました。
当時は人気があり並ばないと買えない状態でした。

私は前から3番目、先着10名まででしたが6時には10組が並んでいました。
開店が10時なので私だけ先に並び息子には開店の30分前に私の妹に連れて来てもらいました。

他のパパやママも同じような感じで9時半には子供が増えていました。
他の店でも販売はしていますが抽選らしく抽選に外れた人も何人もお店に来ましたが看板の先着10名の文字を見て帰って行きました。

ですが事件が起きました・・・。
抽選に外れたという30代くらいの男性がやってきました。
9番目に並んでいる親子に話しかけ、そのまま列に並んだのです!
10番目に並んでいる親子は嫌そうな顔はしていましたが何も言わず黙ったままです。

10分前になりお店の係りの人がやってきました。
係りの人は整理券を配り後から来た人に10番目の整理券を渡そうとしました。
10番目に並んでいる子供が自分は待っていたのに・・・と大泣き。
可愛そうになった私は係りの人に「その方は10番目の人ではないです」と伝えました。

「そうなんですか?」
と係りの人は30代の男性に聞きますが「僕が10番目です、あの女が嘘をついています」とでたらめを言い出します。
「はぁ!あなたが10番目でしょ!?」と泣いている子供の父親に声をかけますが首を傾げています。
言ってしまった手前私は悔しくてうつむきましたが後ろから声が。
「お前は途中から入って来たよな?」と低い声が・・・1番目に並んでいる親子の父親でした。

「いや、あっちの店の抽選が外れてココで買うしかないから・・・俺も甥っ子に買ってあげたいからさ~」
と言い返しますが、この父親はガタイが良く髭ずらのパパ。
見た目が恐いです。
「で、なんだ?みんな早い時間から子供の為に並んでるんだぞ!どけよ」
私の前に立ち庇うように言ってくれました。
睨まれ30代の男は逃げるよに帰って行きました。

2番目に並んでいるパパも「お前さ、この女性に助けて貰ってその態度はないんじゃないの?」と10番目のパパに指摘します。
「すみません・・・」
「俺らじゃなくて!この女性にだろ!」
「さっきはすみませんでした!」
と割り込み男性を追い払い、私に謝罪を促してくれました。

「ありがとうございます!」
私が言うと「いえいえ」と。
「危ないから、こういうのは男性に任せなよ~」と言ってくれました。
割り込み男がこのパパ達に怯え退散する姿、私に謝る弱気なパパの姿を見てスカッとした気持ちでベルトを買うことが出来ました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする