窓の鍵の閉め方が甘かったらしく、泥棒に入られたのだが・・・

窓の鍵の閉め方が甘かったらしく、泥棒に入られたのだが・・・
アパートの1階で一人と猫三匹で暮らしていた頃(大家さんの許可アリ)どうも窓の鍵の閉め方が甘かったらしく、泥棒が窓をガンガンし始めた。

自分はロフトで寝てたが、音で目を覚まし起きた途端に鍵は外れ、泥棒とご対面。

寝覚めでボーっとした私と一歩部屋に入りかけてた泥棒と暫くお見合い状態。

すると、一番可愛がってた猫がブワッと膨らみ、今まで聞いた事もないような「ウニャーゥオオー!!」との叫び声と共にロフトからジャンプして泥棒に襲い掛かった。

額からバリバリバリッ!!と引っかかれた泥棒は言葉にならない悲鳴を上げて逃げ出した。

ようやっと事の事態を飲み込んだ私は、急いで110した。

現場検証をした警察によると、泥棒はかなり深手を負ってたらしく、道路にまで血のあとが点々としていたとか。

緊急配備が敷かれ、泥棒はすぐに捕まった。

猫の爪に残っていた犯人のかけら?DNA?だかが一致したらしい。

警察からは、なんて勇敢な猫ちゃんだ!と褒められた。

犯人は常習犯だったので、前科てんこ盛りで、結構なお勤めになったそうだ。

その晩猫にはご褒美として刺身をご馳走したのは言うまでもない。

猫って本気出すと、番犬並みに怖いのね。

猫の爪から何かを採取している警察が、まだ興奮して膨らんでいた猫に少し怯え気味だったのは今でも内緒w

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする