• ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • 箱根駅伝でのマナーの悪さに爺様が一喝!!

    箱根駅伝でのマナーの悪さに爺様が一喝!!

    偉そうに物申す、か。

    数年前、箱根駅伝の沿道応援に行った時の話。

    自分自身、カメラが趣味で、毎年沿道で選手を撮ったりしてる。

    ゴール近くにいいポイントがあるので、そこでいつも撮影している。

    ただ、ビル駐車場の出口になっているので、交通規制がかかるまでは邪魔にならないところにいる必要があるんだけど。(近くの百貨店への送迎バス発着場にもなってるのでけっこう車の出入りが激しい)

    規制前、駐車場出口から頻繁に車が出ているのに、脚立を置いてその上に乗り、いろいろ確認しているオヤジが登場。

    駐車場出口にいた係員の人が、オヤジに「すいませんが、車の出入りがまだあるので少し避けてもらえないでしょうか」とお願いしていた。

    しかし、オヤジ「ここは公道(歩道部分のこと)だろ!その建物の境界線まではおたくの私有地だけど、ここは道路交通法で決まってる公共の場所なんだよ!おたくらにどうこういう権利なんてないの!」とまくしたてる。

    係の人は「申し訳ないですが、車が出入りするので・・・」と本当に申し訳なさそうにしてる。

    しかし、オヤジ「だから道交法で決まってんだよ。とやかく言われる筋合いはないの!歩道を勝手に使ってるくせに指示するな」と大声・早口でまくし立ててあとは係の人を無視。

    脚立に乗ってまた周りを確認。

    カメラ趣味の人間としてもちょっとムカついたので、今度は自分が声かけた。

    自分は無表情で、かつ嫌味っぽく理屈で攻めてみる。

    俺「沿道で脚立使ってると陸連の人に注意されて降ろされますよ。」

    オヤジ「あ、大丈夫。」

    俺「大丈夫じゃなくて。箱根駅伝の公式HPにも禁止事項として記載されてますよ。だいたい人ごみで脚立に乗ったら危ないし、後ろの人が見えなくなります。迷惑ですよ。」

    オヤジ「人に頼まれたんだよ。」

    俺「後ろから見る人に頼まれたわけじゃないでしょ。危ないし迷惑。」

    オヤジ「・・・いや、だから乗らないよ。場所取りで使ってるの。あっち(けっこう幅のある道を渡った広場でやってる応援団のチアリーディング)も撮るから。置いておくだけだったら文句ないだろ。」

    俺「公共の場なのに占有するんですか。」

    オヤジ「車が来たらすぐ戻ってきてどかすよ!」

    俺「信号もあるし交通量もあるのに、どうやってすぐ来るんですか。人ごみもあるのに。」

    オヤジ「すぐ渡れるんだからちょっとくらい信号見なくても大丈夫だろ。」

    俺「へえ、道交法無視するんですか。」

    オヤジ「・・・法律かよ・・・理屈っぽいな・・・」

    ここで、引っかかった!と思って次の(決めの)セリフを言おうとしたら。

    すぐ隣で見てた爺様が、かは!と笑って・・

    爺様「最初に法律をもちだしたのはおめえさんじゃねえか。どっちが理屈っぽいんだ。こんなところでそれ(脚立)に乗ったらあぶねえからやめときな。天下の公道でみんなそれぞれ譲り合ってやってんだからよ。」

    と江戸っ子丸出しの口調、しかも大声でオヤジを窘めた。

    しかし笑顔。

    周りも注目。

    オヤジ、口をモゴモゴさせながら退散。

    なんか一番いいところもってかれたなあ、と思ったけど嫌味たらしい自分が言うより快活な爺様が言った方が効果があったなと思い、爺様に会釈だけしておいた。

    自分の武勇伝にはならなかったけど、駐車場の係の人もほっとした表情だったので。

    ちなみにオヤジは、こちらから見える別の場所に移動して、選手通過の時にやっぱり脚立に乗ってたが、陸連の人に注意されて降ろさているのは見えた。