義母が料理上手だったからか、旦那が私の作った料理をsageまくってくる。それを旦那が実家でやったもんだから…

義母が料理上手だったからか、旦那が私の作った料理をsageまくってくる。それを旦那が実家でやったもんだから...
義母はものすごい料理上手。

レパートリーも多いし、手早く、美味しく、何より食べてる人の事を考えて作る。

対して私は、良くも悪くも普通。少ないレパートリーで、食材変えたりして、一月の献立回してる感じ。

夫は、躾け的な家事?(自分の衣類を畳む・仕舞う・用意する、部屋の掃除)は出来るけど、料理はからっきし。

でも、超メシウマな母親の元育ったため、口は思いっきり出す。

食材変えても、同じ料理名のもの(アジの塩焼きとサンマの塩焼きみたいな感じ)なら月に2回以上出すと「またこれ?」とか言う。

どうせ食べるなら喜んで食べてもらいたい…

と思って私も新しいメニューを作ったり頑張ってたけど、軒並み不評。

「何食べたい?」て聞いても、ウンザリ顔で「美味しいの作ってよ、美味しいの」と嫌味しか返ってこない。

新婚のときは楽しかったはずのご飯作りが、だんだん憂鬱になってきた頃、義実家で、義母と一緒に料理を作ることがあった。

義母、すごいいい人で、褒める部分の少ない私の調理過程も、色々見つけて褒めてくれたりする。

「この炒め物、とっても美味しい。味付け教えて」とか「小骨とるなんて仕事が丁寧ね」とか「煮魚には、臭み消しの生姜よね。私が嫁子さんくらいの時は、生臭い煮物ばかり作ってたのよ。研究熱心なのね、すごいわ」って褒められたとき、嬉しくて涙出そうになった。

そのとき、義母は「あれっ」て思ってたのかもしれない。

夕飯が食卓に並び、みんなで食べてると、夫がニコニコしながら、私の料理sageトークを始める。

「嫁子はさー、毎日毎日似たようなのしか作れなくってさ。もう、家帰るとため息しか出ないよ。母さんの爪の垢でも煎じて飲ませたいくらい」

そしたら、おもむろに義母が立ち上がって、夫の頭をスッパーン!と平手で叩いた。

音に驚いて顔を上げると、義母、顔を真っ赤にして、般若の形相。

「夫婦はね!お互い高めあってくものなの!私の料理が美味いていうなら、それはお父さん(義父)のおかげなの!こんなに美味しい嫁子さんの料理が不味いっていうなら、あんたがその程度の男ってだけよ!」

そこまで言うと、私に深々と頭を下げつつ、「申し訳ございません。息子ながら、本当に情けない」と涙をこぼす義母。

義父も「謝らんか」と夫に冷静に促す。

でも、静かに怒ってるのがすごく伝わってきた。

夫、言われて「ごめんなさい」と義母に謝った。

そこで義父が「お前は、本当に何も分かってないんだな」と、言いながら旦那をビンタした。

大声で怒鳴るより、静かに怒っている義父が、傍から見てても、ものすごく怖かった。

その日は、義父に送られて、自宅に帰った。

翌日、義父母が訪れ、夫は徹底的に再教育するので、どうか猶予をやって欲しいと頭を下げられ、その1週間後、旦那が帰宅。

どう義両親に絞られたかは分からないけど、それからは、私の料理をやたらと有難がって食べるようになった。

以降、とても円満です。新婚当時の夫には、何かが憑いてたのか??

義両親は、普段手を出すような方々ではないので、すごくびっくりした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする