相手がセクハラと思えばそれはセクハラなんだ。

相手がセクハラと思えばそれはセクハラなんだ。
ある日職場に行ったらコンプライアンス委員に呼ばれた。

内容は「私さんの課でセクハラ行為があったという報告があるんだけど、被害者は私さん?」というもの。

全く身に覚えがないので、「私じゃありません」と答えた。

独身女性が少ない課だったので、「じゃあ誰?」てことに。

内心ドキドキだったんだけど、その気持ちを抑えつつ、自分の課に戻り、スピーカーなお局様にチクっておいた。

その日のお昼には、セクハラの加害者とされているのが課長で、被害者とされてるのがバイトの女性(Aさん)だということが判明。

実はAさん、同じ課の社員(Bくん)と付き合っていて、そのことはみんなが知っていた。

課長は世間話のつもりで「B君と結婚するの?」と聞いた。

しかしAさん、ちょっとメンヘラなとこがあり、後になって「そんなプライベートなこと聞いて気持ち悪い!セクハラだ!」っと騒いだ。

さらにBくんも思い込みの激しい子で、「課長が彼女にセクハラ行為をした」と騒いだ。

この騒ぎが他課のコンプライアンス委員の耳に入り、調査となった。

さらに課長が社内のコンプライアンス委員の一人だったため、余計に話が大きくなってしまった。

その日の夕方になってまた私が呼ばれた。

今度は課長側の証人として。

課長がAさんに世間話をしたとき、私は近くで作業をしていた。

だからセクハラ発言なんてしていなかったことを証言してほしいとのこと。

私の言葉ですべてが決まるんだな、っと思った私は言った。

「課長はAさんに『Bくんと結婚するの?』っと仕事とは関係のないことを聞いていました。セクハラって相手の女性が不快と感じたらセクハラなんですよね?研修でも女性に対してちゃん付けで呼ぶだけでもセクハラってありましたよね?」

課長の顔がみるみる険しくなった。

先に私だけ解放されたので、そのままお局様に報告。

「よくやった!」っとGJもらいました。

課長が戻る前に、ほぼ全課に根回しまでしてくれた。

実際私は何一つ嘘は言ってない。

自分のミスを全部部下にかぶせる課長だったから、いらなかったんだよね。

身に覚えのないことで部長から罵倒されたことがあり、私じゃないと訴えても、その場にいた課長に私のせいにされ、自分は管理責任だけで逃げた。

その夜、猫なで声で自宅に課長からごめんなーって電話があったときは悔しくて吐いたもん。

長年勤めていた方からはもっと恨まれていたんだろう。

課長はその日のうちに役員室でAさんに謝罪させられ、その後、子会社の閑職に飛ばされて職場は平和になった。

時々、本社に用事があるときに、わざわざうちの課に寄って、気持ち悪い猫なで声を出しているが、見事全員にスルーされているw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする