「どこ見とんじゃ!」と、ボキャブラリーに欠けるお決まりのセリフが飛んできた。

「どこ見とんじゃ!」と、ボキャブラリーに欠けるお決まりのセリフが飛んできた。

今から15年近く前にDQNと遭遇した話。

片側2車線の国道の交差点にあるローソンから出ようとしたときに、俺の前に追い越し車線から軽が時速40kぐらい(推測)で車線変更して割り込んできた。

接触はなかったから半ギレしつつもそのまま会社に帰ろうかと思ったが、DQNのほうからこっちの右側につけてきてパワーウィンドウをウィ~ン

DQN「どこ見とんじゃ!」

と、ボキャブラリーに欠けるお決まりのセリフが飛んできた。

俺:「こっちのセリフだろうが!」

DQN:「ちゃんと右側見たんか!!」

俺:「ちゃんと見たわ!おまえウィンカー出してなかったな!」

この一言で沈黙するDQN。

ここで一気にたたみかける俺。

俺:「交差点の近くで? ウィンカーも出さずに? あんなスピードで無理矢理車線変更して?」

俺:「どっちが悪いか一目瞭然だなぁ!?」

俺:「接触なかったからこのまま行かせてやろうっつーんじゃ!」

俺:「まだなんか文句あるなら俺がケーサツ呼んでやろうか?ああ!?」

あ 、 逃 げ ら れ た

でも、言いたいこと言ってスッキリしたからまあいいわ・・・

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする