赤信号を渡ろうとして、止めに入ったじいさん。止め方が悪くて・・・

赤信号を渡ろうとして、止めに入ったじいさん。止め方が悪くて・・・

この前バイトの年下だが先輩の女の子に起きた災難。

前日に帰り自転車に乗っていると、そんなに距離もない信号をその子は赤信号で渡ろうとしたらしい。

すると、後ろにいたじいさんがいきなり肩をつかんできて、そのまま自転車ごと転倒してしまって、足を痛めたのだと。

善意で止めたのもわかるが、自己責任で渡ってるんだから、放っておいていいだろうし(賛否はあるとは思いますが)、止め方にしたって、声を掛けるとか他にもやり方はあったと思うし、結果的に止め方が悪かったせいで道路に出た状態で転倒する始末(幸い車は来ていなかったようですが)。

周りにいた人がお互いを助けてくれていたらしいのだが、一人がじいさんを「じいさん善意でやったのはわかるが、いきなり肩を掴むなんて、下手したらセクハラで訴えられるよ。」と注意してくれていて、こっちも悪い気はしたけど、やっぱりあっちも悪かったんだと安心したそうです。

ただじいさんは謝ってこなかったらしいけどw

結局けがの程度は翌日に少し響いて、後日仕事を半休した程度で済んだし、労災も下りたようだから、一件落着して良かった。

でも、自分の地元では10年近く前になるけど、信号渡ろうとした青年をじいさんが止めて(お互い歩行者)、口論になって若者の方がじいさんを押し倒して行ってしまったらしい。

そのじいさんは倒されたときに打ち所が悪く亡くなったのだという・・・

こういうこともあるから、目の前で赤信号を渡ろうとしてたら止める派の方は十分注意していただきたい。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする