引っ越すかも知れない賃貸より、一戸建てで住所が変わらない所を本籍地にした方がいいと言われ、 あまり深く考えずに「じゃあ」と偽実家の所在地に。しかし・・・

引っ越すかも知れない賃貸より、一戸建てで住所が変わらない所を本籍地にした方がいいと言われ、 あまり深く考えずに「じゃあ」と偽実家の所在地に。しかし・・・

我が家の本籍地は、偽実家の所在地。

婚姻届を出す際に、役所の人に引っ越すかも知れない賃貸より、一戸建てで住所が変わらない所を本籍地にした方がいいと言われ、あまり深く考えずに「じゃあ」と偽実家の所在地に。

県外のため、謄本が必要な時は面倒くさいし、結婚後のウトメの言動にすっかり偽実家嫌いになっておりました。

家族の括りに、なぜ県外の我が家が入るんですか~跡取りってなんですか~など、まぁよくある話なんでしょうが、我慢の臨界点を軽く突破。ウトメ大嫌い。

子が幼稚園に入るのを期に、転籍して賃貸ながら結婚してからずっと住んでて愛着のある住所を本籍地に致しました。

それをウトメには言ってなかったんですが…ウザ電(いつもはダンナが取るが、うっかり私が出てしまった)での会話の中でつ い う っ か り

「そういえば~不便なんでぇ~本籍地を変えちゃったんですよ~欲しい時にすぐ取れないしぃ~日数もお金も余分に必要なんで~」

とか言ってしまって、トメさんが大層お怒りになり、私に盛大に文句を言うので、「ダンナくん が 面倒くさいから変えようって言うから変えちゃいました♪」

って言ってしまったら、マジ切れしちゃいました。

まさにマシンガントークを受けていました。ダンナ携帯に。

電話を切られて、すぐに同じ部屋にいるダンナの携帯が鳴り、携帯から漏れるくらい吠えまくり。

本当に会話に継ぎ目がないというか、相槌すら挟ませないマシンガントーク。

ダンナが「こっちのことはこっちでやる。うちのことはほっとけ!マジでうざいんだよ」

とトメトークの最中に携帯を切っちゃいました。

多分、当分かかってこないでしょう。

ダンナ全面支援の元、ウトメの電話は今後もダンナが受ける。

私は嫌み言われても所詮は他県住み。

義実家訪問も年に数回に減らしており、嫌みは言われるそばから全てダンナにチクりまくって肝心のウトメとの戦いはダンナが全面的に担当するそうです。(今までは私も少しやってた)

ウトメのこだわりの本籍地を変え、いいタイミングでご報告できてスカッとしました。

私の携帯はウトメには教えていないので、ダンナに頑張ってもらいます

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする