「俺がハンドクリーム持ち歩くのに使ってただけ、勘違いして持っていったのはそっち。ってか肌に合ってたの?良かったね、いいクリームに出会えて」

「俺がハンドクリーム持ち歩くのに使ってただけ、勘違いして持っていったのはそっち。ってか肌に合ってたの?良かったね、いいクリームに出会えて」

トメもなかなかうざいんだけど、それの上を行くのが、根拠のない上から目線のコトメ。

ある日、買い物帰りにコトメに遭遇、サクッと別れたつもりが、しっかり紙袋チェックが入ってた。

後日、トメから「嫁ちゃん、○○クリーム使ってるの?まだ若いんだから無駄よ。肌が駄目になっちゃうんですって。コトメちゃんが試してよかったら引き取るって言ってるから、ちょっとこれに入れて来て」と密封容器を渡された。

最初はポカーン、紙袋じゃ中身まで見えないだろうに、予想的中された。

この時点でかなり「ウザっ」ってなってたけど、その後はしっかり反論。

トメはあっさり「そうよね。コトメちゃんうるさいから。ごめんね」と翻る。

うるさいほうに付くトメの処世術、うざいけどまぁ操りやすいから平気。

クリーム使ってるのは実は夫。

話をすると馬鹿じゃねーのってpgrって協力してくれた。

密封容器にたっぷりとニベ○を入れて義実家に置いてきてもらった。

二週間後ぐらい、コトメから私にメール。

「あのクリームは油分が多いから嫁ちゃんには合わない、やめな。私は合ってるみたい。引き取るから持って来て。無くなりそうだからなる早、急いで」だってさ。

夫にニベ○を持って行ってもらったよ。

いじめだとか意地悪だとか散々騒いだらしいけど、「俺がハンドクリーム持ち歩くのに使ってただけ、勘違いして持っていったのはそっち。ってか肌に合ってたの?良かったね、いいクリームに出会えて」って盛大に笑って帰ってきた。

私にも恨みメールが来たから着拒否。

これに懲りたのか、軽めのジャブのようなものは来るけど、「ウザっ」ってなるようなチェックは殆ど無くなった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする