週に1回は必ず遅刻をして、月に数回は体調が優れないと言って、確かに具合悪そうな顔をしているから本当なのかもしれないのだが、早退を許可したら、いきなりタバコを吸いながら帰るというとんでもない同僚。

週に1回は必ず遅刻をして、月に数回は体調が優れないと言って、確かに具合悪そうな顔をしているから本当なのかもしれないのだが、早退を許可したら、いきなりタバコを吸いながら帰るというとんでもない同僚。

私の職場の後輩にとんでもない奴がいた。

週に1回は必ず遅刻をして、月に数回は体調が優れないと言って、確かに具合悪そうな顔をしているから本当なのかもしれないのだが、早退を許可したら、いきなりタバコを吸いながら帰るというとんでもない同僚だ。

仕事こそ普通にこなす程度だから、これはまだ良いのだが、上司たちも甘すぎるのだろうか、注意程度では一向に治らない。

どうすればいいかと、ラジオ番組に相談したところ、色々な意見を聴いて、上司たちとも相談した結果。

毎回始末書を書かせることに決定した。

他の職場でもこういう輩はやっぱりここまで酷くはなくてもいるみたいなので、始末書というプレッシャーをかけたら、一切遅刻が無くなったんだそう。

これを参考にと決めた。

この旨を彼に通告すると、納得はしていたものの、すぐに遅刻をした。

始末書を書かないとここにいられなくなるぞ。

という通告に逆ギレで「じゃあ辞めてやるよ」だってさ。

こっちから簡単にはクビにできない昨今、こんなんで辞めてくれてみんな助かったわ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする