車の中だけで30個以上ピエロピエロ。

車の中だけで30個以上ピエロピエロ。

私が無知だったのですが、ピエロ恐怖症なるものがあるんですね。

正式な名称は違ったかもしれませんが、ピエロそのもの、もしくはそれのモチーフが怖いというものらしい。

私には理解できませんが、トメはコレだった。

夫は知っていたらしい。

私の母は洋裁全般が好きで、一時期大量にピエロの人形を作ったことがある。

出来は上手なのですが、オカンアートの一環なので、まあアレです。

それらはダンボールに詰めて実家のどこかにあったと思う。

それを、私の実母をうまーくおだてて夫は全部貰ってきた。

加えて、夫友人の奥さんがピエロコレクターで、オカンアートの中から好きな物を好きなだけどうぞ、という交換条件でコレクションを一部借りてきた。

新居に呼べ、接待しろ、孫の世話をさせろ、嫁奉公させろ、いっそそっちで同居だ!と騒ぐトメと空気ウトをじらしまくって招待。

家中にピエロで飾ってお迎えしました。

ええ、マジでピエロ御殿です。

玄関だけで15以上飾った。

廊下にもピエロ、壁の空きスペースも全部ピエロ、ドアにだって全部ピエロ。ドアノブもピエロ。

居間にもピエロピエロ。小さな置物から食器とかカトラリーまで全部ピエロ。(チャチで安い輸入物を夫が集めた。情報提供ピエロコレクターの奥さん)

トメはアワアワしながら、ウトに背中を押されて居間に到着。

目をかっぴらいて、震えてました。きょどきょどしてて、本当に落ち着かないというか、逃げ出しそうな感じ。

それは今思えばであって、私は当時トメがピエロ嫌いとは知らなかった。

折角妊婦(当時私は第一子妊娠中)が用意した食事もほとんど食べなかったし、飲み物もしょっちゅう零してた。(通販で買った洗濯機で洗えるラグを敷いていて良かったよ。これも巨大ピエロ柄)

帰り際、「これ、うちの母が作ったものですけれど、よろしかったらどうぞ」って、夫に言われていた通り、母が作ったピエロ人形(操り人形仕立てになってた)を差し上げた。(ラッピングは透明な袋にリボン。中身が見えるようにした)

大きさが新生児くらいあって、これぐらいのがあると離れていても心が慰められるんじゃない?って夫が勧めたんですよ。

トメは触るのも無理で硬直。代わりにウトが受け取った。

夫が最寄り駅まで送る予定だったけれど、車を見てトメは拒否。

バックシートの後ろにぎっしり10個ぐらいピエロ。

前のシートの後ろにもピエロが下がっていて、フロントガラスにも3つミニピエロ。

車の中だけで30個以上ピエロピエロ。

トメが頑なに拒否するので、義実家までタクシーで帰ったそうです。

片道だけだったけど、幾ら掛かったのかな?ウトが怒ってました。「我が侭ばかり言って!」って。

ウトはトメがピエロ嫌いを白状したので、自戒のためにと称して差し上げたデカピエロを義実家のTVの上に飾ったそうです。

トメは一日中ダラダラTVを見るダラ主婦でしたが、今でもTVを嫌って居間に寄り付かないそうです。

おかげさまでトメ凸もなく、心穏やかにはじめての出産・育児を迎えられました。

ウトメが帰った後、トメのピエロ嫌いを夫から教えられました。

「あんなウザイ母親は避けるのが一番。自主的に来なくなるならそれが一番いい」だと。

私が真っ正直にトメを拒否ると、強烈なので絶対に波風が立つ。

自分が締め上げても聞く耳がないから、トメが嫌がって来ないようにしたんだと。

そこまで夫は鬼嫁が怖いのか?私、そんなに怖い嫁か?

微妙な気分でしたが、夫が頑張ってくれたので良かったことなんじゃないかな。

産院にもピエロをお守り代わりに持って行きました。

見舞いに来たトメが滞在10分未満で帰るステキなお守りでしたよw

お借りしたピエログッズは返しましたが、その後我が家のお守りとしてピエロは増加傾向です。増やしました。

相変わらずトメは我が家には来ません。絶対に来ません。

初孫の娘にはお気に入りのポーチがありまして、それは私の母の手作りです。

母に頼んで、取り外し可能なのと取れないのと、二つミニピエロがついています。

娘はこのポーチを外出先では手放しません。

おかげで婆による拉致防止に役に立ってます。ピエロ様様です。

ピエロ自体は好きでも嫌いでもないけれど、義実家と揉めずに暮らせるお守りになるので大事にしております。

恐怖症並みに嫌いな人に対し、そうとは知らなかったけれどもピエロ攻めにしたDQでした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする