トメがいらないタンスを押しつけてきたのだが、いらないと言ったら「私の時代は姑に逆らうなんて無かった!私はあなたの為に好意でこのタンスを譲ってあげようと思ったのに!」とか言ってきたから

トメがいらないタンスを押しつけてきたのだが、いらないと言ったら「私の時代は姑に逆らうなんて無かった!私はあなたの為に好意でこのタンスを譲ってあげようと思ったのに!」とか言ってきたから

近距離別居しているトメに呼び出されて行ってきた。

義実家は和室に黒っぽいでっかい古いタンスがあるんだけど、「これ大掃除したら家の中スッキリしたし、使わないから持って行きなさい」と言われた。

いや、持って行けってのも意味不明だけど、家でもいらない。

なので「このタンスがいかにいい物か、高級な物か、タンスを嫁に引き継ぐ伝統だ」とか言うトメを遮り「こんなでかいばっかりで、ただデカい古タンスなんでいりません」って言った。

トメは「まあ!これは職人の○○さんに私の嫁入り道具に作らせた物なのよ!」と怒りだしたので、「だって汚いもん。いらないです。家は粗大ゴミ捨て場じゃないですよ」とあっさり断った。

そしたらトメ真っ赤になって「私の時代は姑に逆らうなんて無かった!私はあなたの為に好意でこのタンスを譲ってあげようと思ったのに!」とか言うんで

「え…でもさっきいらないから持ってけって言ったのに…」

トメ二の句が継げなかったようで「もういいわ!もう嫁子さんには何もあげない!帰って!この事はお父さんにも言っておきますからね!!!」

私驚いて「え?お義父さんにですか!?」と言うと、勘違いしたのか

ふふん!って顔で「ええ、必ず言います!」

私驚いた顔のままで「あんなお爺ちゃんにチクられたところで私に何かダメージあるとでも思ってるんですか!?なんでそんな事思ったんですか?不思議!」

トメはポカンとして何か言い返して来そうになったけど、「いや、そりゃそうだけどさ…」と呟いてションボリと家の奥に行ってしまった。

なんかトメも怖いウトも怖いっていう昔の嫁だったトメがちょっとかわいそうになってしまったが、ゴミ捨て場にされるのは勘弁勘弁。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする