同僚が「貴様!俺の注文を無視するつもりか!」 と糞爺に怒鳴られた。

同僚が「貴様!俺の注文を無視するつもりか!」 と糞爺に怒鳴られた。

回転寿司屋でバイトしてたときのこと。

テイクアウトの席にしかめっ面の爺が入ってきた。

爺はレーンの中で、注文取る役の同僚に「おい」と話しかけると、無愛想に一言「大トロ」とだけ言った。

店では注文を受けた順に発注する決まりになっていて、同僚はその時は親子連れの注文を受けていた。

当然親子連れの注文を先にコールする同僚、すると爺が急にキレた。

「貴様!俺の注文を無視するつもりか!」

私は握りのポジションにいたのだが、あまりの大音声に思わず振り返ると、回っているコンベアに手をかけそうな勢いで乗り出した糞爺の姿。

血管切れるんじゃないか?ってくらい真っ赤な形相だった。

同僚が「ご注文は順番に処理することになっておりますので、お手数ですが少々お待ち下さい」と、丁寧に返しても

「馬鹿にしてるのか、責任者を呼べ!」とご満悦。

見かねた私が店長にコールすると、奥から店長登場。

この店長、見た目はやくざだけど中身もやくざという豪の者。

ひるんだ糞爺は、荷物をまとめるとそそくさと出口へ移動。

捨て台詞に「こんな店すぐに潰れちまうわ!」

その瞬間、出口近くに座ってた温厚そうな若者が

「うるせぇよ、飯が不味くなるだろ糞爺!」と割り箸を投げつけた。

店中の客から睨まれて、すごすご帰って行く糞爺w

若者には店長から無料で、爺が注文した「大トロ」が振舞われてました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする