• ・姉が俺の車で事故って地獄へ そして遺書が見つかったが… 俺(こっそり捨てよう)母「なにそれ?」俺「あっ」母「あんた!この場所に行って姉ちゃんの願いを叶えてきな!」→俺はとんでもない所に行く事に…
  • ・俺「…おまえ、男だったのか」嫁「ごめん、自分でも忘れてた」 → そして離婚を切り出した結果は、なんと…
  • ・青信号なのに凄いスピードでやって来た車が、横断歩道に差し掛かった途端、急ブレーキで停車。どうやら当たり屋が出てきたようで・・・
  • ・フリン関係で諦めようとした最愛の彼の子供を妊娠した結果、なんと私が結婚したのはまさかの…
  • ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • 地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

    地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

    地方の家電量販店にて。

    夫と二人連れで、レジを終えて帰ろうとしたところ。

    入り口付近で、中年の柄の悪そうなオッサンが罵声を浴びせている。

    相手は気弱そうな青年。呆然と立ち尽くしていた。

    どうやら、すれ違いざまに、ぶつかったかどうかで難癖をつけられていたようだ。

    周囲がただ、遠巻きに眺める、あるいは通り過ぎる中で、いきなり夫が「先に車に行ってエンジン掛けておいて」

    そして、手ぶらでその青年に近づいた。

    「◎◎~◎◎じゃないか。こちらに帰ってきたのか?」

    唖然とする青年、そのまま青年の肩に手を掛けて「久しぶりじゃないか。お茶でも行こうぜ」

    そして、無理やり肩を組んで、店の外に連れて行った。

    その隙に、ようやく事態に気づいた店員が、オッサンを事務所に連行。

    車で待っていたら、夫が乗り込み「すぐに出して」と。

    道路に出たところでようやく一息ついていたから「さっきの人知り合い?」と尋ねた。

    「全然」

    「名前を呼んでたじゃない」

    「デタラメ言っただけ」