地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

地方の家電量販店にて。

夫と二人連れで、レジを終えて帰ろうとしたところ。

入り口付近で、中年の柄の悪そうなオッサンが罵声を浴びせている。

相手は気弱そうな青年。呆然と立ち尽くしていた。

どうやら、すれ違いざまに、ぶつかったかどうかで難癖をつけられていたようだ。

周囲がただ、遠巻きに眺める、あるいは通り過ぎる中で、いきなり夫が「先に車に行ってエンジン掛けておいて」

そして、手ぶらでその青年に近づいた。

「◎◎~◎◎じゃないか。こちらに帰ってきたのか?」

唖然とする青年、そのまま青年の肩に手を掛けて「久しぶりじゃないか。お茶でも行こうぜ」

そして、無理やり肩を組んで、店の外に連れて行った。

その隙に、ようやく事態に気づいた店員が、オッサンを事務所に連行。

車で待っていたら、夫が乗り込み「すぐに出して」と。

道路に出たところでようやく一息ついていたから「さっきの人知り合い?」と尋ねた。

「全然」

「名前を呼んでたじゃない」

「デタラメ言っただけ」

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする