スポンサーリンク

 







  • ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【制裁失敗、からの…】嫁が間男とホ○ルから出て証拠は確保した。二人とも認めてその場は終わった→間男「不倫ってなんだ?証拠あんのか?」嫁「知らないよねーw」俺「はぁ!?」
  • ・会社で借りてる月極の駐車場に、見知らぬ車が入れ替わりで停めてる。U字ロック+ワイヤーロック計4個をホイールに付けて電話番号貼っておいたわ→電話が来て修羅場に!
  • ・亡くなった幼なじみにお線香をあげに行ったら、母親に「娘をイジメてた連中に復讐したい。協力して」と頼まれ
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・うちに泥棒が入って1週間後、警察「犯人逮捕しました。Aママです」私「えっ」警察「重症で入院中です」→元タカラジェンヌが憐れな姿に…キチママになった代償
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・【※閲覧注意】ハンクラで使用する包みボタンが泥された →ママ友旦那『妻が両目をケガした!慰謝料請求する!』あろうことかハードコンタクトレンズと勘違いしたらしく…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・俺「間違いだったら申し訳ない。ずっと気にかかってたんだが、娘(3)は本当に俺の子か?」→すると、妻はなんと…
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・サレ妻で毎日泣いていたが、仕事にでてから風向きが変った、経済的なことで自信がついたのと 旦那より素敵な男性なんていくらでもいるじゃんと旦那に執着がなくなり…→結果www
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・兄夫婦がうちに一泊することに。兄嫁『あなたの奥さんきもちわるい。狂ってる。こんな人と親戚なんてありえない』俺「は?」 → 実は嫁は…
  • ・【修羅場】昼休憩後に売り場に戻ろうとすると。パート社員数名『まだ売り場に出ないで隠れてて』主任の私『え??どうして?』→パート社員の一人から説明を聞いたら...(||゚Д゚)怖ァ
  • ・コトメコ(小3)が遊びに来たとき、 私がお茶を用意している間に紙を使って貯金箱の中身を抜いていた! → 叱りとばしたらまさかの答が…
  • ・アメリカに出張してた彼女が事故で亡くなった。アメリカ病院「保険適用外なので2303万ねー」現地の友人『これ・・・撮影の様子が録画されてるから見て』 → 弁護士「!?」
  • ・両親は定年後、田舎に引越し。実家には俺が一人暮らししてた。そこへ突然、10数年前に男と駆け落ちして音信不通だった姉が幼い子を連れて戻って来て…とんでもない事態に!
  • 地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

    地方の家電量販店で柄の悪いおっさんに絡まれていた気弱そうな男性。皆遠巻きで見ている中、夫は・・・

    地方の家電量販店にて。

    夫と二人連れで、レジを終えて帰ろうとしたところ。

    入り口付近で、中年の柄の悪そうなオッサンが罵声を浴びせている。

    相手は気弱そうな青年。呆然と立ち尽くしていた。

    どうやら、すれ違いざまに、ぶつかったかどうかで難癖をつけられていたようだ。

    周囲がただ、遠巻きに眺める、あるいは通り過ぎる中で、いきなり夫が「先に車に行ってエンジン掛けておいて」

    そして、手ぶらでその青年に近づいた。

    「◎◎~◎◎じゃないか。こちらに帰ってきたのか?」

    唖然とする青年、そのまま青年の肩に手を掛けて「久しぶりじゃないか。お茶でも行こうぜ」

    そして、無理やり肩を組んで、店の外に連れて行った。

    その隙に、ようやく事態に気づいた店員が、オッサンを事務所に連行。

    車で待っていたら、夫が乗り込み「すぐに出して」と。

    道路に出たところでようやく一息ついていたから「さっきの人知り合い?」と尋ねた。

    「全然」

    「名前を呼んでたじゃない」

    「デタラメ言っただけ」