お水をやっているんだが、それを同窓会の場でAにバラされた。どうして知ってるのか不思議に思ってたら、友人BがAにキレた。

お水をやっているんだが、それを同窓会の場でAにバラされた。どうして知ってるのか不思議に思ってたら、友人BがAにキレた。

去年の夏の同窓会での事。

私はお水をやっているんだが、それを同窓会の場でAにバラされた。

私はAとは連絡は取っておらず、正直どうしてAがその事を知っているのか不思議だった。

いい歳して(といっても23だが)お水をしていると皆に知られるのは恥ずかしかった。

グラスが空いたら店の人が下げ易いように端に集めたり、そんなのお水の人じゃなくてもする事なのに「出たよお水が」と一々つっかかってくる。

私も肩身が狭くなってきて帰ろうかと思っていたところ、友人BがAにキレた。

「○(私)は妹が病気だからしたくもないお水我慢してやってんだよ。あんたみたいなニートに家族の為に働く人の気持ちなんてわかんないんだろうね。親の金でこの場にいるあんたとは違うんだよ。ニートってバラされて恥ずかしい?恥ずかしい?ねぇ恥ずかしいの?じゃあ○だってバラされたら恥ずかしいって思わなかった?○が働いて稼いでるのはすごく立派な事だけど、それでも知られて気分のいい職種ではないから○は自分から言わなかったんだよ。何でそれあんたが言うの?馬鹿?馬鹿?馬鹿なの?だから空気読めないの?ニートだから空気読めないの?ねぇそうなのニート?ニートさんどうなんですかニートさん」

とBがAにまくしたてた。(台詞はうろ覚えだが、ほぼこんな感じだった)

その後「空気読めない人いるから帰ります!」と言うBに手を引かれて、帰る事になった。

帰りのタクシーで「空気読めてないの私だ…ごめん」とBは沈んでたけど、

私はものすごく嬉しかった。

妹は難病指定受けてもおかしくない病気なのにまだ難病とは認められておらず何かと医療費がかさむ。

お水はやりたい訳じゃないけど、お金は必要だし妹の為と頑張ってたから、Aに馬鹿にされて正直泣きそうだったがBがかばってくれて嬉しかった。

いわゆるDQN返しかも知れないが、Bほんとにありがとう。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする