ビジネス英語できる自慢がウザかったおっさん。日本語の会話中に一人だけ英語を混ぜて話したりするのだが・・・

ビジネス英語できる自慢がウザかったおっさん。日本語の会話中に一人だけ英語を混ぜて話したりするのだが・・・

聞いてもいないのにビジネス英語できる自慢が好きで、日本語の会話中に一人だけ英語を混ぜて話したりする純日本人のおっさんがいた。

「君たちは時代に追い付いてないね。僕ならI〇×*&・・・・(いきなり英文)」みたいに。

馬鹿にされるが、英語が得意な人もいなかったから誰も言い返せないし、おっさんはますます調子に乗っていた。

ある日おっさんの自慢が始まって女性社員(A)に「何か聞いてみな?英語に訳してあげるよ^^」と質問した。

Aが「遅刻してごめんなさいは英語でなんですか?」聞いたらおっさんは何か言いのけてドヤ顔。

そしたらAが「今のthatは文法上は何になりますか?」

「文法上?」いきなりしどろもどろのおっさん。

Aが「はい、関係代名詞ですか?」ときくとおっさんは「ああ、そうだよ!関係代名詞!」と言った。

Aはそのあと「でもthat以下が完全だからそれはありえないですよね?」と追い討ちをかけた。他にも何個か文法上のミスがあったらしく、おっさんはそれを指摘されたのが恥ずかしかったのかなにも言い返せずにぐっと黙りこんだ。

そのあとこっそりAに「すごいね」と言ったら昔英語の教師を目指して英文科だったと言っていた。

おっさんの英語できる自慢がなくなり今は平和だ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする