2年前に入った会社が超ブラック。休みだって忌引が取れない始末。怒りも頂点に達し・・・

2年前に入った会社が超ブラック。休みだって忌引が取れない始末。怒りも頂点に達し・・・

2年前新卒で入った会社がマジでブラックだった。

残業、休出手当なし。

一ヶ月目から残業が50時間を超え、2ヶ月目からは100時間いったりギリギリいかないような位の残業量。

土曜祝日は基本出社で日曜も月に1,2回しか休みなし。

建築関係の施工管理だったんだけど、下請けの職人と上司の板挟みで職人に無茶を言うとトンカチが、上司に無理と伝えると灰皿が飛ぶような環境。

3ヶ月が経ったある日会社に行こうとすると家から電話が。

母が心筋梗塞で亡くなったとの訃報。

実家に行くために職人と課長に連絡すると職人は流石に気にするなと言ってくれたけど課長が最悪。

糞忙しい時期にふざけんじゃねぇ。

と暴言を吐かれ忌引ではなく普通に欠勤扱い。

もう知ったこっちゃねぇと思い実家に行き、その後滞り無く通夜と葬儀を行い3日後から出勤。

その後明らかに増えた仕事と暴言を無視しながら何とか仕事をこなしていき就職から1年が経過。

そして去年の4月に先輩がお兄さんが事故で亡くなった為休むことになった。

そこで課長が先輩に暴言や文句を言い、さらに去年亡くなった俺の母親にまで飛び火。

子供の頃から空手をやってて拳が凶器であると知ってたから殴られようが蹴られようがキレた事も人を殴った事もないけどもう完全にブチ切れ状態。

正直怒り過ぎて何言われたか覚えてないけど殴って蹴って殴って蹴ってフロアにいた社員4,5人?がかりで引き剥がされ終了。

手の甲の骨が折れたので俺と上司共に病院へ。

その後は上司と会社が俺を訴える事に。

そっちがその態度ならと今まで個人で記録した出勤データ、就職してから勤務中常にボイレコで録音してあり、そこで録音された会社や元請けの法に触れるヤバイ会話。

灰皿やトンカチなどで怪我した時の写真。

上記の3つをYouTubeなどの動画サイト、P2P、テレビ局、出版社あらゆる媒体で流出させてやると脅迫したり、祖父と祖父の親友の議員や親戚の弁護士に泣きついたりしお互い水に流す事に成功。

その後祖父と議員の影響が強かったのか、売上が下がり最近では給与が1ヶ月遅れてると同期が教えてくれた。

恐らくもう長くないと思う。

武勇伝かは知らんが課長病院送りに出来てスーッとしたし、倒産しそうでマジでザマァミロって感じ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする