ダンディなマスターがやんわりと入店拒否をしたところ、オバハン「チ○ルちゃんは盲導犬よ!」とのたまったのだが。

ダンディなマスターがやんわりと入店拒否をしたところ、オバハン「チ○ルちゃんは盲導犬よ!」とのたまったのだが。

数年前、喫茶店で紅茶を啜ってたら、派手なオバハン(A)と犬を抱えたオバハン(B)が来襲。

ダンディなマスターがやんわりと入店拒否をしたところ、Bが「チ○ルちゃんは盲導犬よ!」とのたまった。

そしたら入り口付近に座っていた高校生カップルの男が立ち上がり、「ハーネスもつけていない、杖も持っていない、あなたの何処が盲人なんですか?」

思わぬところからの反撃に戸惑ったのか、Bは「あんたには関係無いでしょ!」とヒステリックに叫んだ。

「あんたみたいなのがいるから障害者が差別されるんだ。さっさと出て行け!」

男の凄まじい剣幕に押されたのか、オバハン’sはぶつぶつ言いながらそそくさと出て行った。

カップルの方も居心地が悪くなったのか、席を立った。

女の子は杖を持ち、男の肘に抱き付いて歩いていた。

調べて見たが、盲導犬って18歳未満は利用出来ないんだってね。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする