• ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • 田舎特有の遠くの一流大学より近所の進学校って意識…

    田舎特有の遠くの一流大学より近所の進学校って意識…

    もう20年以上前の話。

    母方には従姉妹世代が8人いる。

    その8人の中で一番の年長者だったA姉ちゃん。

    親戚の集まりの度に、母たちに代わって従兄弟の世話を焼いてくれるしっかり者。

    大人たちからの信頼も厚いA姉ちゃんは、私たち兄弟や他従兄弟の憧れだった。

    成績も優秀だったのだが、中3の時、病気になったり、人間関係でトラブルがあって受験に失敗。

    金銭面の問題もあり、学区で一番偏差値の低いF高校の特進に行くことになった。

    そこにしゃしゃり出てきたのが、ほぼ他人じゃん、って縁なのに、家が近いと言うだけで人寄せの時に飯だけ食べて帰る親戚の婆さん。

    この婆さんの唯一の自慢は、次男が学区でトップの進学校○×高校出身ということ。

    実際○×高校はレベルが高く、うちの地域だと、「東大出です」より「○×高出です」の方が持て囃される。

    毎年祖父の3月の誕生日に親戚が集まるのだが、手伝いも挨拶もせず、ごちそうを食べる婆さん。

    そして、どこで聞きつけたのか、A姉ちゃんにしつこく「どこの高校行くの?」と尋ねた。

    A姉ちゃんは言いたくない。

    それを知って、「今どんな気持ち?」のAAよろしく、聞き続ける婆さん。

    居たたまれなくなって、泣きながら、広間を後にしたA姉ちゃんの背中を見ながら大爆笑した婆さん。

    他の親戚連中に責められても、何が悪かった?とすっとぼける婆さん。

    あんな底意地悪い笑い方しておいて、事情を知らぬとは言わせねぇ。

    いびり足りないのか、今度は私ら従兄弟に向かって「本家でも種が近いと変なのが生まれる」とも抜かしやがった。(私の祖父と祖母は、甥と叔母の関係)

    父や男連中もブチギレていたが、相手は年寄りだし、嫁の実家だしで手は出せない。

    口で言ってもボケた振りしてかわされてしまった。

    しっかり者のA姉ちゃんが声を殺して泣いているのが、幼心にとてもショックだった。

    もちろん従兄弟たちも怒り心頭したが、子供に出来ることは、その時何もなかった。

    翌年、A姉ちゃんの弟であるB兄ちゃん(サッカー狂のDQN)が、中学を卒業。

    A姉ちゃんの一件があってから、親戚から情報を流されなくなった婆さん。

    やはりその年の集まりにも参加して、ニヤニヤしながらB兄ちゃんに「どこの高校ry」と尋ねた。

    B兄ちゃんは黙って席を立つと、一度退席。そして、制服を着て登場。

    ○×高校の学ランだった。

    あの時の婆さんの顔、一生忘れないと思う。まさに水戸黄門状態。B兄ちゃん、死にものぐるいで勉強したようだ。

    婆さん、B兄ちゃんの元の素行が素行だったから、A姉ちゃん並にいじめる気満々だった様子。

    それから、残りの6人の従兄弟も、○×高校に合格したが、4人目の従兄弟が合格を決めた辺りから、婆さんは、親戚の集まりに来なくなった。

    婆さんは、その後長男嫁をいびり倒したことが露呈して、村八分よりも酷い扱いを受けることになった。

    今は、覚醒した長男嫁にいびり返されているとか何とか。

    そして、「息子より出来が良い」と自慢しまくっていた婆さんの孫たち(我々と同世代)は中卒と、F高校の農業科に入り、単位が足りずに退学したらしい。

    あのときのA姉ちゃんには何も出来なかった。

    子供ながら、婆ちゃん酷いと、喚き散らせばよかった。それは今でも後悔している。

    私たちの自己満足でしかないが、敵討ちのつもり。