住宅街のど真ん中で薪ストーブつけて異臭を放つ向かいの隣人。朝早い時間からもやるから迷惑極まりない。

住宅街のど真ん中で薪ストーブつけて異臭を放つ向かいの隣人。朝早い時間からもやるから迷惑極まりない。

うちの向かいにすんげー迷惑な隣人がいたのよ。

50過ぎの爺さん婆さんで、住宅街のど真ん中で薪ストーブつけて異臭を放っていた。

薪ストーブは扱いに注意して専用の燃料を使えば、臭いも煙も最低限に抑えられるんだけど、そこん家は中国製のやっすい薪ストーブと乾燥してない廃材使ってたから、臭いや煙がすごかった。

そりゃあ洗濯物なんて干せやしない。

あとは廃材を切ったり、割ったりする音がうるさかったよ。

朝早くから始めるからゆっり寝てもいられない。

もちろんクレームなんて言ってもダメ。

終いには「敷地内に入ってくるな!」とか言いやがるの。

何回か市役所や区長にも相談したんだけどダメだった。

取り締まる法律がないからお願いしかできないんだと。

今までいろんな人間を恨んできたけど、あそこの住人以上に恨んだ奴はいなかった。

自分個人の問題ならいいけど、家族も日に日にノイローゼ気味になるし、両親はもう歳だったから、病気になるんじゃないかと毎日心配してた。

まあ、注目したのが一ヶ月に一回くらい孫を連れて帰省してくる娘。

帰省の頻度が多めだし、旦那を連れてきたこともないから気にはなっていた。

近所のおばさんの話だと、父親(薪ストーブ家のジジイ)がうつ病らしくて心配だからちょくちょく帰ってきてるとのこと。

俺はその時ノイローゼ気味になっててさ、娘は夫婦生活がうまくいってないからちょくちょく帰省していて、地元の同級生と浮気しているに違いない。

とかおかしなこと考えたんだよな。

それで、一人でかける娘を何回か尾行したんだよ。

それでついに娘と男が逢引してラブホテルに入るのを見たわけだ。

俺はその瞬間をカメラに収めた。

以降も尾行は行い、同時進行で娘の家も特定した。

娘は意外にも市内に住んでいた。

男と旦那さんが別人ということも発覚。

それで三ヶ月くらいかけてためた写真を、娘が帰省している時を見計らって娘宅のポストに投函。

嫌がらせ程度になればと思っていたが、一ヶ月後ぐらいして薪ストーブ家が売りに出された。

娘の不倫が発覚して旦那に慰謝料を支払うことになったらしい。

出所の分からない写真でも不倫の証拠になるもんなんだね。

それで実家を売りに出すことになったそうだ。

出来過ぎな結果に、これはさすがに驚いた。

そして、またしばらくして薪ストーブ家は地元の金持ち爺さんに買いとられ、今はアパートが建っている。

家族も日に日に元気を取り戻していった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする