終電を待ってたら、酔っぱらいジジイに絡まれた。

終電を待ってたら、酔っぱらいジジイに絡まれた。
友達と飲んでいい気分で語りつつ終電待ってたら、酔っぱらいジジイに絡まれた。

「おごるから飲みに行こう」としつこく絡み、しまいには「おっぱい触らせて~」だの「一緒にお風呂入ろう(何故…)」などとセクハラ爆発。

「やめてください」とか「どっか行ってください」とか言ってたんだけど、酒の入ったジジイはすごくしつこい。

そのうち見た目「おとなしいお嬢系」の友達は黙り込んでしまい、ジジイは余計調子に乗って抱きついてくる始末。

キレてバッグビンタ喰らわせてやろうかと思っていたら、その友達が突然そのジジイの頭を「がしっ」と音がしそうな程の勢いで掴み引っ張り上げた。

………友達の手には髪の毛たっぷり、いや、ヅラだった。

「うわああぁぁ(AA略)」と叫びながらそれをこっちへパスしてくる友達。

それを受け取り同じく「うわ(ry)」と叫びながら線路へと投げる私、元ソフト部で遠投には自信あり、会心の手応えでした。

黒い毛の束は線路3本超えて向かいのホームのフェンスも超えてその向こうへと消えていきました。

飛んで行く毛の束を ( ゚д゚)ポカーンと見送っていった、向かいのホームのオジサマ方の顔が今でも忘れられません。

ジジイは頭を押さえつつ駅の階段へと走っていきましたが、一部始終を見ていた学生に大笑いされてました。お前等助けろ…助けてくださいマジで。

平凡な自分にはこれがいっぱいいっぱいの武勇伝。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする