• ・姉が俺の車で事故って地獄へ そして遺書が見つかったが… 俺(こっそり捨てよう)母「なにそれ?」俺「あっ」母「あんた!この場所に行って姉ちゃんの願いを叶えてきな!」→俺はとんでもない所に行く事に…
  • ・俺「…おまえ、男だったのか」嫁「ごめん、自分でも忘れてた」 → そして離婚を切り出した結果は、なんと…
  • ・青信号なのに凄いスピードでやって来た車が、横断歩道に差し掛かった途端、急ブレーキで停車。どうやら当たり屋が出てきたようで・・・
  • ・フリン関係で諦めようとした最愛の彼の子供を妊娠した結果、なんと私が結婚したのはまさかの…
  • ・上司と残業しているとガスゥと異音 → 自分「お、なんか刺さってんな~」
  • ・【大逆転】宝くじで1等3億円を当てた友人に絶縁された。私たちがうまく反応できずにいたことや金遣いが荒くなったことへの忠告を友人は『嫉妬』だと思い込んでしまって…
  • ・可愛がっていた後輩が「先輩なんか奢って下さいよ!」と言うので俺のお気に入りだった小料理屋に連れて行ったら後輩も常連となった→その結果は予想も付かないもので…
  • ・【不幸すぎる結婚式】披露宴が進行中、新郎(ムスッ) →会場(ざわざわ…) →自分(気丈に振る舞ってる新婦がなんだか可哀想…) →後に知った事実に…
  • ・アウトレットモールで。夫『トイレいきたい』私「待っとくよ」→私「遅いな…」夫電話『事務所にいるから来て欲しい…』私「えっ?」→行ってみると…
  • ・【ゾッとした...】タクシーに乗ってきた客「運転手さん、子供いる?」運転手「ええ、2人います」客「そう... もし、いないって言ってたらさ...」
  • ・【不幸な結婚式】恩師「新婦ちゃんキレイだねー!これなら、俺が手を出してもよかったかなー?www」→ 新郎がビール瓶を投げつけ…
  • ・「完全にバレた。どうしよう… 昨日旦那が帰って来なかった。悔やんでも悔やみきれない。旦那が戻って来てさえくれれば、もう絶対こんな事しない。」だったら最初からやんなよw
  • ・俺、大学生をひきころす。警察「お咎めなし」俺「え!?」遺族「ご迷惑をおかけしました」俺「え!?」 → 今も心の中は修羅場だ
  • ・【衝撃】銀行の駐車場で落ちている封筒を見つけた。私「もしかして中身は…(ゴクリ」→中を見てみると、諭吉さんが何人もいた!震えながら運転して交番に届けた結果
  • ・玄関に手を掛けると、鍵がかかってない。俺「あれ?嫁いるのか?」→中から「やめてー!」と声が聞こえてきて…
  • ・私(しまった!旦那にウワキ現場見られちゃった…ヤバ) →旦那『ぺこ(会釈)』私(えっと…?) →帰宅後、一切のお咎めなし…これって…
  • ・車にはねられた!運転手「大丈夫ですか?」私『はい』→ 立ち上がろうとすると、急ぎ足で車に戻った運転手に、今度はバックではねられ…
  • ・痴漢を捕まえて警察に引き渡した。俺「もう安心だ。帰ろう」警察「あ、待って」→本当の修羅場が始まった…
  • ・「一瞬、何が起きたのかわからなかった…」新幹線で子連れ女が凄いことをヤリだした!!!
  • ・買ったばかりのカメラで嫁と間男を撮った。2人とも固まってはいたが、いい写真が撮れたと思う。明日は間男の結婚式なので、面白い余興のネタが出来たwwwつーか、胃が痛いwww
  • ・【閲注】病院の受付「○○さーん」女「はい」私「(どっかで聞いたような…)」→ググってみたら…
  • ・【黒い話】私「先生、私も個人レッスンしてほしいんですが…」顧問「君はかなり上達してるから大丈夫」私「…」その後…
  • ・現役刑事の義父「ぶっちゃけて欲しいんだが、実は同性愛者だったりするの?」俺「え?」→全てを白状させられ…
  • ・実家に年の離れた弟がいる。実は中学の時に産んだ私の子。父親はなんと… → 母「許してくれ(泣)」私(進学せずに育てるか…)
  • ・夜の店のサイトを見てたら、嫁を見つけた。泣きながら嫁を怒鳴りつけたら、そのまま離婚になった。
  • ・妹が私の婚約者とウワキ&妊娠。両親「譲ってやれ」私『おk。絶縁』→結婚式当日、新郎両親「え?花嫁が違う」参加者「ザワザワ」→元婚約者(真っ青)妹(号泣)結果…
  • 儚げで上品な奥様をただ守ってあげなきゃ!と思っただけ。

    儚げで上品な奥様をただ守ってあげなきゃ!と思っただけ。

    高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、後半で福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。

    その帰りの新幹線での出来事。

    席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にしたような40代後半くらいの奥様が。

    小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、ずっとぶるぶると震えている。

    確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。

    ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っているのを思い出し、それを出して「よかったらこれを着てください。席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」と言って渡した。

    奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、席も私の窓側と替わった。

    そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。

    そこから先は、奥様のターン。

    「ありがとうありがとう。本当に寒くて寒くて死にそうだったの助かったわ。私はこれから静岡の同窓会に行くところなの。え?あなたはまだ高校生?え?大学生かと思ったわ!
    じゃあ、卒業したらぜひ家に遊びにいらして。家は東京の青山というところにあるの。大学生の息子が2人いて、都内どこでも車で案内させるから!交通費だけ持ってくればいいから。家に泊まってね。連絡先渡すから、絶対に連絡ちょうだいね。絶対よ」(本当はこの3倍くらいしゃべってたけど、昔のことであんまり覚えてないから割愛)

    となんだか一気にまくしたてつつ、手帳を取り出して住所、名前、電話番号を書き記して渡してくれた。

    私は「え…あ…どうも」としか言えなかった。

    奥様は浜松で降りるときも、ずっと手を振って「電話してねー」と絶叫していた。

    これで終わりです。

    奥様は、知らない人に親切にされて一時的にテンションが上がってるだけだろうな、日常に戻ったら、いろいろ忙しくて連絡もらっても迷惑だろうと思って連絡しませんでした。

    私はもともと優しい人間じゃない。

    たまたまその奥様がとても儚げで上品で、守ってあげなくちゃ!と思わせるような人だった。

    それに、自分の母親が人格障害だったので、こんな母親だったら…

    とふと思っただけ。

    私としては、あんなに喜んでもらえてよかった、それだけで満足。

    現在の私はその奥様の年齢に近づきつつある。

    今の時代だったら、メルアドを教えあって、年の離れた友人として楽しくやり取りできてたのかな…と思うとちょっと寂しい気持ちに。

    今もお元気で、優しい息子さんと孫に囲まれて幸せに暮らしていてくれればと思う。