儚げで上品な奥様をただ守ってあげなきゃ!と思っただけ。

儚げで上品な奥様をただ守ってあげなきゃ!と思っただけ。

高校三年生の夏休み、前半でアルバイトして貯めたお金で、後半で福岡から神奈川に越してしまった友人に会いに行った。

その帰りの新幹線での出来事。

席の隣には、朝丘雪路からケバさを削いで、さらに上品にしたような40代後半くらいの奥様が。

小説を読んでいるようだったけれど、小説を持っている手が、ずっとぶるぶると震えている。

確かに、新幹線車内は冷房効き過ぎで、冷蔵庫並に寒かった。

ふと、荷物の中にかっこつけ用の無駄ジャケットが入っているのを思い出し、それを出して「よかったらこれを着てください。席も替わります。そちらの方が冷房が直接当たって寒いですし」と言って渡した。

奥様はびっくりしていたけれど、素直に受け取って羽織ってくれ、席も私の窓側と替わった。

そこへちょうど車内販売のワゴンが来たので、熱いお茶をふたつ買い、ひとつは奥様に「これ飲んだら暖まりますよ」と渡した。

そこから先は、奥様のターン。

「ありがとうありがとう。本当に寒くて寒くて死にそうだったの助かったわ。私はこれから静岡の同窓会に行くところなの。え?あなたはまだ高校生?え?大学生かと思ったわ!
じゃあ、卒業したらぜひ家に遊びにいらして。家は東京の青山というところにあるの。大学生の息子が2人いて、都内どこでも車で案内させるから!交通費だけ持ってくればいいから。家に泊まってね。連絡先渡すから、絶対に連絡ちょうだいね。絶対よ」(本当はこの3倍くらいしゃべってたけど、昔のことであんまり覚えてないから割愛)

となんだか一気にまくしたてつつ、手帳を取り出して住所、名前、電話番号を書き記して渡してくれた。

私は「え…あ…どうも」としか言えなかった。

奥様は浜松で降りるときも、ずっと手を振って「電話してねー」と絶叫していた。

これで終わりです。

奥様は、知らない人に親切にされて一時的にテンションが上がってるだけだろうな、日常に戻ったら、いろいろ忙しくて連絡もらっても迷惑だろうと思って連絡しませんでした。

私はもともと優しい人間じゃない。

たまたまその奥様がとても儚げで上品で、守ってあげなくちゃ!と思わせるような人だった。

それに、自分の母親が人格障害だったので、こんな母親だったら…

とふと思っただけ。

私としては、あんなに喜んでもらえてよかった、それだけで満足。

現在の私はその奥様の年齢に近づきつつある。

今の時代だったら、メルアドを教えあって、年の離れた友人として楽しくやり取りできてたのかな…と思うとちょっと寂しい気持ちに。

今もお元気で、優しい息子さんと孫に囲まれて幸せに暮らしていてくれればと思う。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする