トメは草加の狂信者で、生活のすべてを草加中心にしている自分と同じ生き方を強要してくる。

トメは草加の狂信者で、生活のすべてを草加中心にしている自分と同じ生き方を強要してくる。

トメは草加の狂信者。

私は草加信者の多い地域に実家があり、同級生とかにもいたし、勧誘だの先生のありがたさだの、スルーするのには慣れてたので、信心だの題目だのも「ハイハイ家でやってまーす」とかわしてきた。

旦那も一応母親なので、交流は持っているが、心の中では軽蔑しており、時々トメが暴走するとシメてくれてはいたが、子供が生まれてからトメはパワーアップ。

生活のすべてを草加中心にしている自分と同じ生き方を強要してくる。

あまりのうざさに、カルトにはカルトだ!と決意。

エホバの民、金光教、その他自己啓発系セミナーなどのサイトやチラシを熟読し、洗脳されたふりをして毎日義実家に突撃、トメに熱弁をふるった。

もと演劇部の友人にも協力してもらい

私:「おかげは和賀心にあり!おかげは和賀心にあり!」
友;「そのとおり!あいよかけよ!あいよかけよ!」

私;「天地の創造者であられる全能の神エホバ。わたしたちを取り巻く宇宙に,複雑な設計に基づく驚嘆すべきものが存在ry」
友:「邪念をはらい、大地の力を感じるのです、地脈に流れる神の意志を・・・」

熱心な信者なので、「洗脳された嫁子を救う!」とか逆にヒートアップされたら困るなーという心配はあったが、もともと熱心とはいってもどういう教えなのかちゃんと勉強していなかったトメ。(題目あげたら人生うまくいく願いがかなう、とかその程度。これは厳密に言うと創価的にも間違い)

こちらは適当にサイトの文章とかを唱えているだけなのだが、それを論破することもできず。

救うどころか激怒し、向こうから絶縁してくれた。

ちなみに、トメは他に子供が3人いるが、すでに1人とは絶縁、1人は今刑務所にいる。

もう1人は遠方に住んでいて、帰ってくる気はないらしい。

ウトは普通にいい人で、なんというか人生の中でトメが占めている割合いが少ない。

トメがいなくても家事全般トメ以上にできるし、なんか結婚までしたから面倒は見るという

感じで淡々と暮らしてる。

今回の件も「それは仕方ないなー」で終了。時々、旦那と一緒にウトとだけは交流を持ってる。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする