自分のミスは周りのせい。他人のミスには罵る困ったおばさん。

自分のミスは周りのせい。他人のミスには罵る困ったおばさん。
バイト先の回転寿司屋に困ったパートのおばさんがいた。

その人はホールで度々ミスをするのだがその度に「自分は悪くない!」と言い、悪いのは周りと言い張りホールの仲は悪かった。

しかし、このおばさんの困ったところは他人のミスは絶対に許さず、軽いミスをする度怒鳴り込んできて説教してストレス発散する。

強いて言えば「他人のミスが大好き」な人。

最悪なのはストレスが溜まるとテイクアウトで客から受けた注文と別の注文をキッチンに渡して「~が入っていない!お客様がアレルギーだったらどうするの!」と客を盾にして怒鳴りストレス発散。

「いや、注文表どおりですよ」と反抗すると「私は間違ってない!」と癇癪。

キッチンで作業する人は度々大声を挙げるおばさんに辟易としていた。

そんなある日、新人がやらかした。

提供した味噌汁が温いとクレームを受けおばさんから説教。

「温め直します!」と新人は味噌汁を下の皿と器ごとレンジでチン。

配膳はそのおばさんだった、客に出す瞬間に「熱っ!」と大声で叫び、味噌汁を地面にひっくり返した(下皿もレンジに入れたため激熱)

客に掛からなかったのは幸いだったが、鬼の形相で新人目掛けて突進してくるおばさん、俺はやばいと思い新人を洗い場に隠して「~はどこ!」と興奮するおばさんに「あいつなら帰りましたよ」とやり過ごそうとした。

が、矛先が俺に向けられ罵詈雑言を浴びる俺、庇ったばかりに超涙目www

しかし、キッチンのパートさんが俺を庇ってくれたけど今度はそのパートに噛み付き、鳴りあいの喧嘩になってしまった。

これを見ていた店長がついにキレておばさんをクビにした。

「なんでクビなのよ!」と食って掛かるおばさんに店長が・・・

「あんたがいない方がいい店になるから」と言ったとき、心がスーッとした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする