多額のローンに追われていたAから「金貸してくれ!必ず返すから!」と迫られる。定期預金は崩せないから・・・

多額のローンに追われていたAから「金貸してくれ!必ず返すから!」と迫られる。定期預金は崩せないから・・・
自称友人という腐れ縁Aの会社が倒産

→多額のローンに追われていたAから「金貸してくれ!必ず返すから!」

→断る

→「貯金あるんだろ?金貸してくれ!必ず返すから!」

→その殆どは定期預金だから断る

→「定期崩してくれ!必ず返すから!」

→断る

→「じゃあキャッシングして降ろした金を俺に貸してくれ!必ず返すから!」

→それならいいよ、すぐ必要なんだろ?Aも一緒に来い

→俺、サラ金の窓口で200万借りて毎月返済する契約の締結直前まで話が進んだ

→もう一度Aに念押し

→「俺名義で200万借りることになった、以後はAが毎月指定の口座に入金して返済する、それでいいな?」

→「OK!ありがとう!この恩は一生忘れない!必ず返すから!」

→「繰り返し念を押す、あくまでもこれは俺名義の借金だけど、それをAが毎月返済する、それでいいな?」

→「何度も言わせないでくれ!必ず返すから!」

→「絶対に、一日足りとも遅延することなく、一回でも滞ることはないな?」

→「神に誓ってない!必ず返すから!」

→「それまで聞いて安心した、じゃあ連帯保証人はAだ」

→「フザケンナ!!」

どうしてこうなるのか全くもって意味不明

さらにもっと分からないのはなぜかAの方から絶縁してくれたこと

いや、正直言ってありがたかったけどさw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする