ずっとかわいがってくれてたA先輩が飲酒・喫煙をしていた。

ずっとかわいがってくれてたA先輩が飲酒・喫煙をしていた。
わりと最近の話。

自分は、高校で野球部に所属していたのだが、入部した直後から1つ上のA先輩からの毎日のように標的にされ、かわいがりを受けた。

かわいがりというのは、かわいがってもらったわけではなく、弄ってきたり、自分にとってはいじめられてるような感覚になることがほとんどだった。

ずっと続くようなら辞めてやろうかとも考えたが、すぐにレギュラーを獲れたこともあって、我慢していた。

今を思えば、同じポジションの先輩だったから、嫉妬されてたのかもしれない・・・

かわいがりも、酷いときには野球に支障が出るくらいのこともされた。

力だけは強いA先輩だったため、いきなり「俺の力を見てくれ!」といきなり肩パンしてきて、意外にも効いたので1週間くらい痛みが惹かないこともあった。

ただ、レギュラーも獲られたわりには監督の前では外面良男だったためか、2学年上の先輩が引退後は主将に抜擢された。

「このままでは余計こき使われる・・・」と察した自分は、どこかで転落させてやろうと考えていた。

主将になったA先輩が中心となった最初の合宿。

やってもいない悪いことを監督からの評価が下がるよう報告したりで、監督からかなり怒られた。

イライラも頂点に達しかけていた合宿帰り、A先輩はどこで手に入れたのか、電車内で飲酒をしていた(監督やコーチは車で来ていたためいなかった)。

「最上級生になって、現を抜かしている・・・そのうちまた何かやるぞ」と思い、ネットで3000円もしないくらい安い小型カメラを購入。

部活後の部室を隠し撮りしてやった。

すると他の先輩が帰ったあとタバコ片手に部室裏へ向かって行った。

慌てて隠しカメラを一瞬向けて、静止画を一枚。

監督に報告。

しかし監督は「これだけではハッキリ主将とはわからない。動画もタバコを持っているかどうかは微妙。というかお前は何をしているんだ!」と逆に怒られた。

だが、今までの悪事を報告すると、監督は「わかった。今度こっそり見に行ってみる」と納得してくれた。

そして、僅か数日後に主将は現行犯で監督に捕まって、あっさり主将剥奪。

A先輩は監督からの臨時ミーティングで全員のところで晒し者にされて、終始大泣きw

そのまま数日間はいたんだが、当然練習に精が出ず、その後A先輩は退部していった。

最後まで卒業はしたみたいだが、退部後は絡まれることも無くなったし、消えてくれて本当に良かった!

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする