黒人に詰め寄る日本人選手の先頭に 、幸か不幸か俺がいました

黒人に詰め寄る日本人選手の先頭に 、幸か不幸か俺がいました
柔道の親善試合でパリに行った時、試合はなんていうか、自分たちの圧勝だった。

その結果に納得のいかないようで、黒人の選手が、よせばいいのにキレだして、審判をやってくれていた日本人のコーチに掴みかかっていた。

そして、明らかに日本人を馬鹿にしたようなことを言っているのだ。

その行為にブチ切れ、黒人に詰め寄る日本人選手の先頭に、幸か不幸か俺がいました。

今度は俺に掴みかかってきたので、思いっきり絞めて落としてやりました。

てゆうか、あいつら日本人を馬鹿にしすぎ。

次の日も試合があったのですが、格下の相手に全員が全力で挑み、ボコボコにしてやりましたとさ…

親善の意味はないですねw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする