バスで隣に乗り合わせたおばさんと世間話したのがキッカケで喫茶店でお茶することになったのだが、仲間4人を連れてきて・・・

バスで隣に乗り合わせたおばさんと世間話したのがキッカケで喫茶店でお茶することになったのだが、仲間4人を連れてきて・・・
数年前、まだ大学生だった頃の話。

高速バスで隣に乗り合わせたおばさんと世間話をした。

話してるうちに、私の下宿先とおばさんの家が近所だということが判明した。

これも何かの縁!と携帯番号を聞かれた。

普通のおばさんだったし、害はないだろうとみなして、教えてしまった。

数日後、もし暇なら近所の喫茶店でお茶でもしないか?と連絡が来た。

長期休み中で暇だったので、快諾した。

喫茶店で待っていると、おばさんが来た。仲間を4人連れて。

「若い子とお話すると言ったら、付いてきちゃって~wご一緒してもいいかしら?」

ふーんそうか、と思ってやはり快諾。

最初は普通の世間話をしていたが、そのうちだんだん宗教の話になってきた。

あ、ヤバイと思ったときには、勧誘されてた。

数珠買って拝むだけで幸せになれるんだと。

のらりくらりとかわしていたのだが、逃がしてくれそうになかったので「そういうのって、ロールプレイングゲームでいきなり最強の武器を手に入れるみたいですよね。なんかズルしてるみたいで私ダメなんですよ。」

おばさん4人ポカーン、一人爆笑。

無事脱出できた。その後おばさんから連絡がくることは二度となかった。

おばさんを論破したわけでも、かっこいいセリフが言えた訳でもないが、おちょくることで煙に巻いて逃げることができたので、個人的にはスッキリした。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする