49歳の同僚女性。新顔が入ると必ずやっていた年齢当てクイズ。ついに終焉のときが・・・

49歳の同僚女性。新顔が入ると必ずやっていた年齢当てクイズ。ついに終焉のときが・・・
うちの職場に49歳なんだけど、若い子向けのカジュアルな服を身にまとってて、それが似合ってると本気で思っている同僚がいる。

スタイルは悪くないんだけど、姿勢というか骨の歪みというか、パッと見た感じのハツラツさがないから、顔を隠しても若くないのは分かるんだ。

顔も若い頃はキレイだったんだろうなというパーツではあるが、ほうれい線や笑ったときの目尻の皺、肌ツヤ等、やっぱり年相応っていうか。

だから余計にただの若作りのおばちゃんにしか見えない。

なのに本人はすごく若く見えるつもりでいる。

回りが「若いねー」って言うのは「いい年して“若い”恰好してみっともない“ねー”」の略でしかないのに、額面通りに受け取っちゃってるんだな。

まぁこれは煽る回りも悪いw

で、この49歳のおばちゃん年齢当てクイズが大好きw

新入社員や、出張でやってきた初対面の人と雑談が始まると必ず「私、いくつに見える?」とクイズを出す。

出題された方がみんな困り顔。

聞いてるコッチまでしんどいw

しかしついにこのクイズを終了させる出来事があった。

期間アルバイトでやってきた30代の女性に

いつものようにクイズを出した。「私、いくつに見える?」

すると彼女、「うーん、そういう質問するってことは実年齢より若く見えるってことですよね? ってことは、そうですねー・・・(しばらく考えて)・・・ごじゅう・・・なな!」

事務所が凍り付いたwwwww

以来クイズ出題は無くなりました。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする