席を譲れとおばさんが言ってくるもんだから、足を引きずってみせた。

席を譲れとおばさんが言ってくるもんだから、足を引きずってみせた。
この間、夜勤明けで電車に乗った時、ちょうど空いているシートに座ったのよ。

夜勤明けの疲れと、ここ最近しんどかったから、ついついウトウト寝てしまった時、俺の頭の上でうるさい声が。

ふと頭を上げると50代位の厚化粧にド派手な服着たオバチャンが1人何か喚いてんのよ。

聞くと要は女性には席を譲れとの事。

オバチャンが言っている事は解る。

普段休みに電車を利用する時なんか席を譲ってるよ。

でも、こっちも夜勤明けで体がクタクタになっているんよ。

で、少し風邪気味なのよ。

事情が違うよと思いつつ無視していると、尚も「最近の若い人は云々、、、」(俺は30代。若くネーよ)

頭にきた俺は小声で弱々しく「す、すみません。今席を譲ります。」と言ってわざと左足を引きずって立ち上がった。

右足でバランスをとりながら足をケガしている人を演じたら、そのオバチャン「ゴメンネ。ゴメンネ」と言ってどこか行きました。

随分簡単に引き下がったからビックリしたw

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする