高校生だった従兄が、アルバイト先で積み荷を崩して、社長から損害金を請求された。父である叔父にそのことを報告すると・・・

高校生だった従兄が、アルバイト先で積み荷を崩して、社長から損害金を請求された。父である叔父にそのことを報告すると・・・
叔父の息子(私の従兄)がアルバイト先で積み荷を崩してしまった。

その場で従兄は社長から損害金として80万円をこれから先給料から天引きするよう言われてしまった。

しかし、当時高校生の従兄弟の月々の稼ぎはわずかなもので、毎日働いても返済に一年はかかる。

コツコツ返済していた従兄だが、社長に促され、従兄は叔父に損害金を立て替えるよう助けを仰いだ。

「お父さんゴメンなさい。実は俺、先月積み荷を崩してしまって80万円を支払わなきゃならなくなってしまった。今、貯金は10万円しかないし、頑張ってもバイト代は月々5万円程度しか入らない。社長は『早く支払え』と言ってくる。50万ほど立て替えてはくれないだろうか?」

叔父はすぐに社長に電話をし、「息子がとんだことをして申し訳ない。すぐに支払わせていただく。だが、額が大きいので来月まで待って欲しい」と謝罪した。

口約束ではあるが社長も納得した。

そして一月後、叔父と従兄は会社に出向いて社長に会って謝罪し残額を支払った。

しかし話はそこで終わらなかった。

「ところで、その破損した現品はどちらにあります?持ち帰りたいので、用意していただけますか?金払ったんやし当然の権利ですわな?・・・もうない?捨てた?ウソやろ。B級品として売っ払ったんやろ?箱で落ちただけやし損傷のない品も結構あったやろ?おぅ、今回はうちの息子に非があるわ。やがな、高校生相手にたかんなて。うちの息子学校辞めて働こうとも思ったそうや。俺に「お父さん、ゴメン」泣いて謝ったわ。給料から天引きってのもホンマはあかんのやろ?給料は給料として支払い、損害金は損害金で請求するんが筋やんな。出るとこでよか?裁判起こす準備はもうできとるんや!」

そういって裁判所の書類を机にばらまいた。

もちろん書類は白紙。叔父のハッタリ。

だが社長はビビってしまい損害金は結局4万円で済んだ。

その話を聞いて「叔父さんすごいんですねw」と言ったらニヤニヤしながら「まぁな」と照れてた。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする