ちょうどタイヤで踏む可能性が高いところ、少しズレたところで壁にぶつかるため、一応直進したら、案の定踏んでしまっていた、婆さんの犬のうんち

ちょうどタイヤで踏む可能性が高いところ、少しズレたところで壁にぶつかるため、一応直進したら、案の定踏んでしまっていた、婆さんの犬のうんち

自分が住んでいる一戸建ての家には駐車場があるのだが、そこの前の道が車一台通れるか通れないかの狭さ。

俺が、家の前に入った通りで、犬の散歩している婆さんがいた。

その婆さんはよく散歩しているのは見かけるから、近所だと思うのだが、家は知らない。

その婆さんの連れている犬が、うんちをした。

うんちを取るのか取らないのか、よくわからないジェスチャーを見せつつも、何故か俺に先通ってくれと言ってきた。

しかし、うんちした場所が、ちょうどタイヤで踏む可能性が高いところ、少しズレたところで壁にぶつかるため、一応直進したら、案の定踏んでしまっていた。

婆さんは申し訳ない顔一つせずに、「踏んじゃったからもう拾わなーい。」って言わんばかりのやや笑みを浮かべながら帰って行った。

「おい!俺の家のほぼ正面だぞ!ちゃんと拾え!」と言ったが、聞こえないフリして帰ってった。

その後は一時何も無かったのだが、この前、家の前にまたうんちされていた。

今度は踏まれていないし、まだ綺麗な状態。

どっちにしても拾わないのか・・・

もうほぼあの婆さんに違いないと思って、よく通る時間は監視をしていたら、1時間くらいしたら出てきた。

そして、目の前の公園で休んでから、また家の周りをウロウロして帰った。

これは俺の家でうんちするタイミングまでうんちを待っていると確信した。

警察に相談したが、証拠もないし、この程度では動いてくれないのだと。

こうなったら、ここを通ることが嫌になるくらいな思いをさせないと・・・と思って、家の前を通ったときに、少し濡れるくらいの距離間があるところに、2階のベランダからバケツに入った水を流した。

これを5回くらいやってたらようやく来なくなった。

俺が少し怒鳴っただけなのに、どうして俺だけこんなに恨み持たれなきゃならんのだ・・・とは思ったが、一先ず撃退出来て良かった。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする