落語家さんの話があまりに退屈だったのか、前の座席に足を掛け始めた客。

落語家さんの話があまりに退屈だったのか、前の座席に足を掛け始めた客。

とある売れない落語家の講演を観に行ったときのこと。

売れないということもあって客席はまばらであった。

しかし、あまりに退屈だったのか、ホールのようなところで行われていたこともあり、映画館のような座席に足を前の席に掛けて座る、常識知らずの客が現れた。

態度悪いなーと思いながら見ていながらも、途中我慢できなくなって言ってやろうかと思っていたら、落語家さんが気を利かせて、直接言わずに架空の人物の名前を使って、足を掛けてる客を指して「コラコラそこ!椅子は座るものですよ。足を背もたれに掛けるものではありませんよ」ともっと上手い言い方だったんだけど、そのようなことを言って、笑いに変えていた。

居づらくなったのか、その客はその場を離れていった。

注意することなく、さらに面白い言い回しで撃退したところを見れて良かった!

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする