「暴力を与えることなく、帰したんですから、良かったじゃないですか」と精一杯の言い訳をしておいた。

「暴力を与えることなく、帰したんですから、良かったじゃないですか」と精一杯の言い訳をしておいた。

20年以上前にコンビニでバイトをしていたときの話。

深夜の時間に雑誌が来て、ちょうどその日は少年ジャンプの発売日。

今と違って、当時は読めないようにしているところも殆どなく、うちのコンビニも当然ながら見放題だった。

まあ普通に立ち読みする分にはまだ許せるのだが、そのとき来た客が、今もダントツで売れてはいるが、当時は今よりも比にならないくらいもっと売れていて、来ている数も駅前だったこともあり、半端なく多かった。

そのため、雑誌はかなり平積みにされており、客はそのジャンプの平積みの上に座って読み始めたのだ。

これにはもう頭にきて、注意したのだが、全くダメ。

こうなれば・・・と当時は今と違って、有線放送やCMのみが流れていたため、それを切って、有線で流れていたものだったかは忘れたけど、延々とお経が流れているものをまあまあの音量で流してたら、鬱陶しくなったのか、5分足らずで帰ってったよw

でもまあ、その間に2人ほどお客さんが来ていたため、店長に密告したのか、後日変なもんを流したせいで怒られましたw

ただ、自分だって正義を持ってたから店長にしっかりと「暴力を与えることなく、帰したんですから、良かったじゃないですか」と精一杯の言い訳をしておいた。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする