人は見かけによらないとはよく言うことだが、それは子供にも当てはまるのかなぁ・・・

自分の働いているコンビニで、小3の女の子が、いつも習い事の行き帰りにコンビニに寄って、何も買わないことも多いのだが、ただ話したいだけなのか、レジが暇なときにちょくちょくしゃべっては人が来ると帰ってしまう、そんなような日が週に3日くらいある。

そんなある日、パートのおばちゃんが、「あの子たぶん万引きしてる!」と言い始めた。

1度ではなく2度怪しい感じを見かけたのだという。

カメラを調べて見ると、確かに結構堂々と万引きをしていたのだ。

それもうまい棒数点の他に合わせても100円に満たない程度のもの。

その子の親もちょくちょく来ていたことから、この事実を知った上に、しかも少額ってのが余計悲しくなった。

次来たときにもいつものようにレジで話を始める前に棚を漁り始めたから、店長と接客しながら注視していると、やっぱりやっていた。

言いたくはなかったけど・・・と店長が女の子を事務所へ連れて行って、女の子も素直に同行した。

そして、そのまま悲しげな顔して帰って行って、後日母親と共に謝罪に来たけど、それから近所にも関わらず、全く来なくなった。

そりゃ普通出禁だから当たり前なのだが、とても良い子に見えたから、この万引きはほんとに悲しかった。

人は見かけによらないとはよく言うことだが、それは子供にも当てはまるのかなぁ・・・

なんかスカッとはしない感じではあるけど、一人の万引き犯を捕まえたってだけを捕らえればスカッとしますよね?

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする