電車が来るのを待っていたら、開いたドアの中がなにやら騒がしい。 すると痴漢の犯人が出てきて・・・

電車が来るのを待っていたら、開いたドアの中がなにやら騒がしい。 すると痴漢の犯人が出てきて・・・

昔、ホームで電車が来るのを待っていたら、開いたドアの中がなにやら騒がしい。

すると中から「捕まえてください!痴漢です!」という女子高校生の声。

声と同時に中からおっさんが飛び出てきた。

咄嗟に追いかけて、階段の前辺りで腕を取り、背中から羽交い絞めにした。

降りてきた女子高校生(強気っぽい顔だった)に「ちょっと駅員呼んできて」と言い、犯人をそのまま固定する。

男は「逃げない」だの「痛い」だの言い放って、手を払おうとしていたが、「はいはい、もうすこーし待っててくださいね」と言葉面はやさしく、でも腕の力は緩めず、そのままの姿勢で待っていた。

そんで待つこと5分くらい(次の電車も通り抜けていったから)ようやく駅員がやってくる。

その頃には野次馬のリーマンとかが数人居たりして、奴も逃げられないと観念したよう。

でも俺は正直あんなに5分程度が長く感じられたのは初めてだ・・・

駅員に引き継いで、そのまま女子高生、おっさん、駅員の3人は示談?をしに行った。

俺は次の電車で大学へ。

そのドタバタで遅刻しますた。

それにしても、なかなか電車男みたいにはならないもの。

その頃はまだそんな話無かったけど。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする