正義面していた友人だが、それだけではなかった。

正義面していた友人だが、それだけではなかった。

ある友人(以下B)が事故によって現在片足を骨折してるんだが、松葉杖なのを良いことに同じ地区の中学生?のクソガキどもがイタズラしてきたのだとか大声で罵る、道を塞ぐなんてのはまだマシな方で中には石を投げてきたり松葉杖にワザと当たる奴らもいるらしい。

ただ、それも数日前までの話。

そういったイタズラは俺の幼馴染の友人(以下A)によって無くなったとのこと。

その日、AはBの家に遊びに行って酒を飲んでグダグダする予定があり、片足骨折のBに時折肩を貸してやってゆっくりと家まで歩いてた。

その時、突如飛んでくる石。いつものクソガキどもの仕業だ。

いつもならBだけだから抵抗もできず嫌な顔をしながら黙って耐えるだけしか無いらしいのだがその日は違った。Aがいたからだ。

Aはクソガキどものところへ「てめえらマナー考えろやああああ」と叫びながら突進。クソガキを1人ゲットして全力肩パン。

半泣きになるクソガキ。続いて残りのクソガキどもをみんな捕まえ(と言っても2~3人ほど)髪の毛掴んで振り回す、皮膚をつねる、唾を顔に吐きまくるなど精一杯仕返ししていたらみんな走り去っていったそう。

あーあ、こりゃあクソガキどもの親から苦情だわ。

終わったなと思っていたものの幸い親たちはまともだったらしく、後日クソガキ全員が親と共に家まで謝りに来たらしい。

クソガキ相手でも容赦ないAに感心した俺は「お前やるじゃん」とLINEを送っておいた。

すると、「俺の正義が黙ってなかったね。まあ、次似たようなことがあったらその時はそいつらを消す時だ、せいぜい俺の機嫌を保っておくことだな。フフフ」などという返信。

イラっと来たので八百屋で安く買った長ネギを奴の住んでるアパートの部屋のポストに突っ込んでおいた。

すると、長ネギを咥えてマユ毛を油性ペンで書き足して鳥の格好をしている画像が送信される。

「カモネギのみねうち!」と一言添えてある。

こいつに勝てる時は一生来ないなと俺は悟った。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする