「みなさん退職してヒマ過ぎて他にすることないから、アラ探しを生き甲斐にしてるんですか?」

「みなさん退職してヒマ過ぎて他にすることないから、アラ探しを生き甲斐にしてるんですか?」

結婚相手が自営業で商売をやってたので、必然的に結婚即同居で20年経過。

同居の糞ウトが死んだ。

この糞ウトに弟妹が6人もいるのだが、この人たちも大概糞。

葬儀が終わって初七日の法要後、この夫の叔父叔母から「長男の嫁たるもの云々」を言われた。

重箱の隅を突いたようなどうでもいい内容を延々と。

全部言い終わったかな?と見計らって、ちょっとキレてみた。

「叔父さん叔母さん、皆さんの中で舅姑と20年以上同居した方はいらっしゃいますか?」

「また、20年以上お嫁さんと同居した方はいらっしゃいますか?」

「誰も舅姑と同居したことないし、みなさんの息子夫婦も完全別居ですよね」

「よその家の嫁を教育してやるなんて、よくそんなことが言えますね」

「長男の嫁がどういうものか語るのは結構、でも私にダメ出しすると言う事は、お義母さんや夫さんの嫁教育がなってないと言ってるようなものですよ」

「一体みなさん何様なんですか?しかも、お義母さんや夫さんの居ないところで言ってくるなんて、これって嫁イビリですよね?ホント皆さん性格悪いわぁ~」

「みなさん退職してヒマ過ぎて他にすることないから、アラ探しを生き甲斐にしてるんですか?」

ファビョる基地外が数名、うなだれる人数名、ポカーン顔が数名。

あースッキリした。

その後、私はその場を離れて、義母と夫が居る部屋へ行き(親戚の葬儀委員長と四十九日の相談のため別室)

「叔父叔母にダメ出しされた~でも、言い返しちゃったからスッキリ」と経緯を報告。

おとなしい義母がこの弟妹に手を焼いていたのは知ってたので「お義母さんの分まで言ったつもり」と言ったら、葬儀委員長が「よくやった!」と。

彼はウトの従兄弟さんなのですが、常々この叔父叔母達を苦々しく思ってた模様。

義母も慰めてくれました。「嫁子さんがよくやってくれているのは私が一番よく知ってるからね」と。

件の部屋に夫が行ったら、ファビョる叔母をなだめるうなだれ組と口喧嘩してたそうな。

アホらし…と思いつつも

「言いたい事があったら、俺に言ってください。実の甥なのだから。」

「甥っ子をかわいいと思うのなら、俺の嫁を責めるようなことはしないで」

「母さんと嫁はいい関係だし上手くやってるし、部外者にアレコレ言われたくない」

「叔父叔母が心配してくれるのはありがたいが、俺に直接言ってくれ」

みたいなことを言ったそうです。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする