太めな私を見下して152㎝30㌔台を自慢しまくる義妹。勘違い爆走しまくりだったが、たまたま近くにいた老夫婦が止めてくれた。

太めな私を見下して152㎝30㌔台を自慢しまくる義妹。勘違い爆走しまくりだったが、たまたま近くにいた老夫婦が止めてくれた。
うちの義妹(3才下)は永遠の高校生w

太めな私を見下して152㎝30㌔台を自慢しまくるけど、ビヤ樽だったのを年取ってからの過激なダイエットだったもんで、萎んだ風船状態で顔や体のたるみや皺がすごい。

でも本人だけフィルターかかっているんで視力は良いが見えてないらしい。

初対面の人に話しかけ「何歳にみえる?」が口癖。

みんな大人なので、かなり若めの年齢をお世辞で言ってくれるもんだから勘違い爆走。

先月、息子と一緒に買い物してたら義妹に遭遇してしまった。

パンツ見えそうなミニスカにキャミソール姿。

息子にとって義妹は化粧も服装も性格も体型も妖怪かお化け並に怖い存在w

私の後ろに隠れてしがみつかれて動けなくなった。

義妹はたまたま近くにいた60代前半くらいの夫婦に、いきなり話しかけ私を指さしながら「この人(私)5才の子がいて45才なんですよ!笑えるでしょ。」

老夫婦はニコニコしながら

旦那さん「いやそんなお年には見えない、お若いですね」

義妹「私は何歳にみえます?」

奥さん「50代くらいにしか見えませんわ。お若いお婆ちゃんですね。」

義妹、厚化粧なのに顔が真っ赤になりブルブル震えていたw

奥さんが私に目配せしてニヤリとして会釈しながら立ち去っていったよ。

その後、義妹がしつこく「本当は何歳に見える?」って聞いてくるんで

「○○さんと同い年なんでしょ?(義妹の同級生、何故か80歳位に老け込んでる)何歳くらいだって言ってほしいんですか?」

と言ったら無言になってくれてスッキリしたわ。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)

Powered By 画RSS






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする