「ガランガラン!!!!!!ガッシャーーーーン!!!!!!」って音が聞こえた。

「ガランガラン!!!!!!ガッシャーーーーン!!!!!!」って音が聞こえた。

こないだ深夜に自転車に乗っていたら、前方から携帯で電話しながら、しかも煙草まで吸いながら且つ無点灯のDQN女(大学生くらい?)が自転車に乗ってこちら側に向かってきてるのが分かった。

車道と歩道(自転車通行可の標識あり)は段差で分けられていて歩道はたいへん狭い。

だから、当然、自転車同士がすれ違う時はスピードを緩めるか、ブレーキをかけなくては危ないのだが、前の女は携帯に夢中でコッチの存在に全然気付いてなかった。

ただ、こんな女に気を使う気にはなれなかったので、俺は女に当たらないよう注意しつつも、普通にスピードを緩めずに、すれ違うことにした(だいたい、たいしたスピードは出してなかったし)。

そしたら、すれ違う際、女はコチラに気付いたが、女は坂道(俺は上りで、女は下り)でスピードを出していた為、また携帯と煙草で片手が塞がってたため、当然できる反応(スピードを緩める等)が咄嗟に出来ず、バランスをくずしてもの凄い勢いで、コケた(ちなみに、俺とはカスってもいない)。

「ガランガラン!!!!!!ガッシャーーーーン!!!!!!」って音が聞こえた。

振り返ると、その女が物凄い呻き声を上げながら、倒れているのがわかった。

俺は女を放置してそのまま去った。

多分、というか絶対に骨折はしてるはず。

しかし、そいつの自業自得だと俺は思った。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする