遺言で棺桶にトメお気に入りの鼈甲の簪を入れてくれ、と言われたので 目の前で部屋の隅のゴミ箱に放り入れたら「きひいぃぃ!」

遺言で棺桶にトメお気に入りの鼈甲の簪を入れてくれ、と言われたので 目の前で部屋の隅のゴミ箱に放り入れたら「きひいぃぃ!」

先日糞トメが亡くなった。

遺言(というか死に際にちょうど私しかいなかった)で棺桶にトメお気に入りの鼈甲の簪を入れてくれ、と言われたので、目の前で部屋の隅のゴミ箱に放り入れたらそれが決定打?になってしまい「きひいぃぃ!」→がっくりぽっくり

そのままにしておいて万が一、夫が拾って棺桶に入れても嫌なので勿論拾い上げて葬式後に質屋に。

トメは近所に知り合いが多く葬式会場にお金を使わされてしまったので補填に。

まあ良いものだって言ってた割には1000円でしたけどねー。

鼈甲なら焼くより誰かに使ってもらったほうが亀の保全になるだろうしね。

私はエコ精神もありますしね。有意義だと思う。

トメ介護で同居してやった途端に「何でも言うことを聞く奴隷」扱いしやがったのが一番の要因だけど、夫がバカだから「トメを構ってる間こっちに目は向かないはず!」って感じで堂々と浮気相手と会うようになったんだよね。

そうなってから気付いて興信所に頼ったら、なんと同居の三年前からだったwww

最初はそのまま逃げようかと思ったけど、トメに対して悪意の遺棄?みたくなったら嫌だと思ったのと、鈍くなったトメにバレないよう八つ当たりするのが簡単だったのもあって介護のフリ。

見た目は「優しい虐待にならないよう心を鬼にしてます」って体裁で内心はかなりいびった気分。

このまま離婚まで突っ走る所存。

こんな記事も読まれています


おすすめの最新記事(外部サイト)






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする